皆さん、こんにちは。

 

 

新しい年度を迎えると新しく何かを学びたくなりませんか?

 

本を読んでみたり、スクールに通ってみたり、セミナーに参加してみたりと

 

私もここ最近は違うビジネスモデルから

既存に展開しているフリマビジネスに応用できないかと

ひたすらインプットをしています。

 

今回はアマゾン輸出について学びました。

以前に自分でもやっていたことがあったので

大体のことは分かっているつもりでしたが、そんなことありませんでしたね。

 

とても勉強になりましたし、

学び続ける姿勢が大事だと改めて実感しました。

 

今回はそこで得た内容を基に、

アマゾンUS輸出で儲かるための方法についてシェアしていきたいと思います。

 

 

販売戦略を構成するものは3つあります。

① 商品選定

② 在庫管理

③ 新規出品

 

①については言うまでもないですよね。

 

「価格差がある商品」を見つけるということです。

 

無在庫販売を行いますので売れる売れないはあまり考えず、

とにかく価格差があるものを見つけて出品していきます。

数の勝負です!

 

つづいて②の「在庫管理」です。

 

始めて間もない方ですとこの部分を軽視しがちなのですが、

かなり重要です!

 

無在庫販売を行っていますから、

注文が入った時点では商品を確保していません。

 

注文後にアマゾン日本から仕入れます。

 

しかし、マーケットは不安定なモノです。

 

「出品時には安かった商品がいつの間に値上がりしてしまい、

売ったら赤字」ということや

 

「在庫切れになっていて仕入れることが出来ない」

 

ということがあります。

 

ここで「しょうがない、キャンセルするか」

という選択肢はおススメできません。

出品者都合のキャンセルが続くと

Amazonからアカウント停止という制裁が下ります。

 

こんな事態を防ぐために、

出品した商品の価格と在庫数をチェックする

「在庫管理」が重要になります。

 

最後に③の「新規出品」です。

 

ある程度慣れてきたら、ぜひ取り組んでほしいですね。

 

これは、米国Amazonにまだ登録されていない商品を

アマゾン側に申請し新しくカタログを作るというものです。

 

なぜ、これが必要かというと価格競争から

抜け出し利益を確保するためなんです。

 

というのも、すでに登録されている商品は

多くの販売者によって出品されています。

 

その中で自分の商品を買ってもらおうとすると、

価格を下げざるを得なくなりますよね。

 

そうやって価格競争に陥ってしまうんです。

 

そこから抜け出すために、

まだ誰も出品していない商品を

見つけ自分の理想とする価格で販売しようというわけなんです。

 

以上がAmazon輸出で稼ぐために重要な3つのポイントです。

 

最近の円安で輸出をやってみようかと思っている方は

ぜひ、参考にしてくださいね。

 

The following two tabs change content below.
阿部悠人(あべゆうと)

大学3年の就職活動真っ只中、経営者に影響を受け起業を決意。
当時面接まで進んでいた会社には断りの電話を入れ起業に集中する。本の影響からアフリカでの中古車輸出ビジネスを展開を考えたが資金力不足から断念。そこからヤフオクの不要品販売を始める。
そこで長く使われた「ウマの被り物」が429円で商品が一つ売れた
売れた時の衝撃的な喜びと感動を受けひたすら転売ビジネスに没頭する。

その後、様々な転売を経験し当時はまだ無名のフリマアプリ「メルカリ」に目を付ける。メルカリの転売方法を開発する。その結果半年後には月商450万、月利益120万を叩き出す。その後、当時まだ存在しなかった日本初メルカリ転売ビジネス塾をスタートさせる。たくさんの実績者を輩出し今、現在もコンサルタントとして活躍する。

公式メールマガジン購読者10000人、LINE@登録数4000人とネットビジネス業界では異例な有数読者を確保している。自身のブログは月間平均45万PV、月間訪問ユーザーは15万人を超えるプロブロガーとしても活躍してる。2016年6月には本を出版「月に30万稼ぐメルカリ転売」Amazonベストセラー1位を達成。

阿部悠人の公式メールマガジンはこちらから