皆さん、こんにちは。

 

 

 

「アマゾン」って聞くと何を思い浮かべますか?

 

熱帯雨林、川、21型フリゲート、ボルボ、映像製作会社 ・ ・ ・

 

10年くらい前だったら、この中から答えが出たんでしょうが、

今ではほとんどの方が通販サイトの『Amazon』を

思い浮かべるのではないでしょうか?

 

ちなみに、私にとっての「アマゾン」は『仮面ライダーアマゾン』でした。

キワモノ扱いされがちですが、

私がライダーにハマるきっかけを作った作品です!おもしろいですよ!

 

まあ、それは置いといて

今回は10年も経たずに私たちの生活に浸透した

『Amazon』を使い倒すビジネスモデル

 

『Amazon輸入』

 

についてお話ししたいと思います。

 

 

~Amazon輸入とは~

 

【海外のAmazonから仕入れた商品を、日本のAmazonで売る】

 

というシンプルなモノです。

 

「安く仕入れて高く売る」という基本は変わりません。

 

もしかしたら「海外のAmazon?」

と疑問を抱く方もいるかもしれませんが、

Amazonは現在、日本も含め世界14か国に存在しています。

 

そこには日本でも他国でも売られている同一商品があります。

 

もう分かりますよね。

 

つまり、

 

世界中のAmazonから

日本のAmazonよりも安く売られている商品を

見つけ出して販売していこうというのです。

 

 

~海外と日本の価格の違い~

 

「日本と海外といっても同じAmazonじゃん、

そんなに価格差なんてあるの?」

と考える方もいるかもしれません。

 

ですが、

「モノの価値」というのは場所や地域によって

大きく変わります。

 

たとえば『水』

同じブランドの水でも、売っている場所によって価格が違いますよね。

スーパー、コンビニ、レストラン、テーマパーク、富士山、砂漠・ ・ ・

皆さんも覚えがあるでしょう?

 

身近な所でもこのように価格差があります。

国が違えばなおさらです。

 

たとえば、下のゲームソフト

げ1

 

げ2

日本のAmazon(写真上)では20,307円で売られている物が

米国(写真下)では88.99ドル、1ドル=124円だとすると約11,035円です。

9000円以上も価格差があるんですね。

 

もちろん、ここから手数料や輸送費がかかりますが

充分に利益は得られます。

 

他にもこのような商品が山ほどあるんですよ!

興味がわいた方はいろいろ調べてみてくださいね。

 

 

以上で説明は終わりです。

Amazon輸入のイメージはつかめましたか?

 

現在、円安で仕入れ値は上がっていますが、

参入者が減りつつあり、逆にチャンスです!

ぜひ挑戦してみてください。

 

また分からない事、知りたいことがあれば

何でもご質問ご相談くださいね^^

 

The following two tabs change content below.
阿部悠人(あべゆうと)

大学3年の就職活動真っ只中、経営者に影響を受け起業を決意。
当時面接まで進んでいた会社には断りの電話を入れ起業に集中する。本の影響からアフリカでの中古車輸出ビジネスを展開を考えたが資金力不足から断念。そこからヤフオクの不要品販売を始める。
そこで長く使われた「ウマの被り物」が429円で商品が一つ売れた
売れた時の衝撃的な喜びと感動を受けひたすら転売ビジネスに没頭する。

その後、様々な転売を経験し当時はまだ無名のフリマアプリ「メルカリ」に目を付ける。メルカリの転売方法を開発する。その結果半年後には月商450万、月利益120万を叩き出す。その後、当時まだ存在しなかった日本初メルカリ転売ビジネス塾をスタートさせる。たくさんの実績者を輩出し今、現在もコンサルタントとして活躍する。

公式メールマガジン購読者10000人、LINE@登録数4000人とネットビジネス業界では異例な有数読者を確保している。自身のブログは月間平均45万PV、月間訪問ユーザーは15万人を超えるプロブロガーとしても活躍してる。2016年6月には本を出版「月に30万稼ぐメルカリ転売」Amazonベストセラー1位を達成。

阿部悠人の公式メールマガジンはこちらから