皆さん、こんにちは。

 

今日は出先で通りかかったブックオフに寄っていきました。

 

案の定、片手に小型の赤外線リーダーを持ち、素早く本のバーコードを読み取っている方がいらっしゃいましたね。

 

 

ところで皆さんはブックオフに行かれたことありますか?

 

ブックオフは中古の本やCD,DVD,ゲームなどを売っているお店です。

 

行ったことがある方は目撃したことがあるかもしれません。

 

そう、カゴいっぱいに本を詰め込みスマホや機械を本にかざしている方を。

彼、彼女たちはいわゆるせどらー、せどりをやっている方達です。

 

 

「ん、せどりって何?」という方もでしょう。

 

せどりとは古本や中古CD、DVDなどを安く買って高く売ることで利益を得ることを言います。仕入れの対象となる古本等は一つ数百円前後と非常に安く、少ない資金でも始めることができます。

 

 

また近年ではバーコードリーダーで本のバーコードを読み取り、その商品がいくらでいつ売れるかまで知ることができるツールがあります。これを用いたせどりをビームせどりといいます。

 

 

そのようなわけで特別な知識も資金もいらない、初心者でも参入しやすいビジネスとして注目されていたのですね。

 

 

確かに数年前までは素人でも簡単に稼ぐことができました。

 

 

ところがです、ここ最近はブックオフせどりに関して景気のいい話はほとんど聞きません。なぜでしょう?

 

理由を3つほど。

 

① 多くのブックオフでビームせどりを禁止するようになった。

フランチャイズ店ではそうでもないみたいですが多くの直営店でバーコードの読み取りを禁止またはバーコードを隠すようになりました。そのため仕入れ効率が著しく下がり時間当たりの儲けがかなり下がってしまいました。

 

 

② 値段の上昇

ブックオフ側のせどり行為に対する対策でしょうか。以前は108円だったものが350円になっていたりアマゾンの相場に合わせた値付けになっており利益が出にくくなっています。

 

 

③ ノウハウを持った人の増加

近年のせどりブームによりノウハウやツールを持った方が増えており中々利益の出る商品にありつけなくなっています。限りあるパイに群がる人が一気に増えてしまったのですから当然ですよね。

 

 

このような理由でブックオフせどりは稼ぎずらくなっています。もちろんブックオフせどりが全く稼げなくなったわけではありません、相変わらず稼いでいる人はたしかにいます。ですが初心者ではありません、その方たちはプロです。

 

 

今からそんな人たちに勝とうというのは厳しいですね。

わざわざブックオフせどりというレッドオーシャンに飛び込む必要はありません。

 

新しい市場ができたらすぐ攻略してしまうのが一番です。

今最も熱いのはフリマアプリのメルカリではないでしょうか。

 

その時々で稼ぎやすい市場は常にできています。

それに合わせてビジネススタイルも変えていくといいですね^^

The following two tabs change content below.
阿部悠人(あべゆうと)

大学3年の就職活動真っ只中、経営者に影響を受け起業を決意。
当時面接まで進んでいた会社には断りの電話を入れ起業に集中する。本の影響からアフリカでの中古車輸出ビジネスを展開を考えたが資金力不足から断念。そこからヤフオクの不要品販売を始める。
そこで長く使われた「ウマの被り物」が429円で商品が一つ売れた
売れた時の衝撃的な喜びと感動を受けひたすら転売ビジネスに没頭する。

その後、様々な転売を経験し当時はまだ無名のフリマアプリ「メルカリ」に目を付ける。メルカリの転売方法を開発する。その結果半年後には月商450万、月利益120万を叩き出す。その後、当時まだ存在しなかった日本初メルカリ転売ビジネス塾をスタートさせる。たくさんの実績者を輩出し今、現在もコンサルタントとして活躍する。

公式メールマガジン購読者10000人、LINE@登録数4000人とネットビジネス業界では異例な有数読者を確保している。自身のブログは月間平均45万PV、月間訪問ユーザーは15万人を超えるプロブロガーとしても活躍してる。2016年6月には本を出版「月に30万稼ぐメルカリ転売」Amazonベストセラー1位を達成。

阿部悠人の公式メールマガジンはこちらから