こんにちは!阿部です。

 

物販ビジネスとはどんなものかイメージがつきますでしょうか。

 

物販とは物品販売のことで、要するに物を売るということです。

今の時代、実店舗だけで商売をするのは珍しく、

ネット通販を活用して多様化している消費者ニーズに対応しているお店が多いです。

 

実際のお店の場合は、

建物や内装・ディスプレイのデザインや

従業員の接客・案内等が付加価値となって、

購入を考えているお客様へ伝わります。

 

立地も物販の売り上げに大きく貢献しますが、

多少立地が悪くても話題になったりすると自然と売れていきます。

 

 

ネット通販の場合、

お店のデザインはホームページのデザインとなります。

 

基本的に文字とイラストや

写真の画像、動画での紹介だけで物販を行います。

 

インターネットにも立地に近い考え方があり、

検索順位や広告などがそれにあたります。

 

また、貸店舗のような扱いで、

楽天やヤフーショッピングへの出店も活用できます。

 

ネット通販の登場で、

消費者の物の購入プロセスは大きく変化しています。

 

以前は「AIDMAの法則」

とよく言われていたように、

注意・関心・欲求・記憶・行動という順に消費者は考えていました。

 

今でもテレビCMの効果は大きく、

テレビCMでの物販方法はAIDMAに則っていると言えます。

 

それに対して、

現在は「AISASの法則」が主流だと言われています。

 

これは、注意・関心・検索・行動・共有の5項目からできています。

 

注意・関心までは同じですが、

欲しいと思う前に気になって商品のことを調べる「検索」は入ります。

 

最近は実店舗の売り場でも

スマホ等で商品について調べながら買い物をする消費者の姿も増えてきました。

 

検索した結果、気に入ったなら購入するのですが、

購入の際にも検索をする人がいます。

 

「価格.com」に代表されるような、

価格比較サイトの検証です。

 

商品名+価格と入力すれば、

ほぼ確実に各ネット店舗での価格を比較して

並べて表示してくれるようになっています。

 

同じ商品を少しでも安く買いたいと考えるので、

このような行動が広まっています。

最後の共有とは、

ネット上で特に購入時に重視されやすい

口コミなどの商品レビューや、SNSでの情報提供のことです。

 

消費者は良いものを他の人へ提供することで、

有益な情報を提供してくれる人と評価され認められるようになります。

 

よほどの内容でない限り

売り込み臭いセールスのようにはなりませんし、

知人の紹介なので周囲の人にも信憑性が高い状態で伝わりやすいです。

 

これからの時代の物販は、

ネットを活用して販路を広げ、

消費者にもネットで良い情報を広めてもらう事が肝要です。

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

 

The following two tabs change content below.
阿部悠人(あべゆうと)

大学3年の就職活動真っ只中、経営者に影響を受け起業を決意。
当時面接まで進んでいた会社には断りの電話を入れ起業に集中する。本の影響からアフリカでの中古車輸出ビジネスを展開を考えたが資金力不足から断念。そこからヤフオクの不要品販売を始める。
そこで長く使われた「ウマの被り物」が429円で商品が一つ売れた
売れた時の衝撃的な喜びと感動を受けひたすら転売ビジネスに没頭する。

その後、様々な転売を経験し当時はまだ無名のフリマアプリ「メルカリ」に目を付ける。メルカリの転売方法を開発する。その結果半年後には月商450万、月利益120万を叩き出す。その後、当時まだ存在しなかった日本初メルカリ転売ビジネス塾をスタートさせる。たくさんの実績者を輩出し今、現在もコンサルタントとして活躍する。

公式メールマガジン購読者10000人、LINE@登録数4000人とネットビジネス業界では異例な有数読者を確保している。自身のブログは月間平均45万PV、月間訪問ユーザーは15万人を超えるプロブロガーとしても活躍してる。2016年6月には本を出版「月に30万稼ぐメルカリ転売」Amazonベストセラー1位を達成。

阿部悠人の公式メールマガジンはこちらから