kei-10

 

こんにちは!

阿部です。

 

 

前回に引き続き、

自動化について

話していきたいのですが、

 

”外注化”って抵抗ありますか?

 

大方の人は

”YES”だと思います。%e7%85%a7%e3%82%8c%e3%82%8b%e7%94%b7%e6%80%a7-01

 

 

僕も初めはそうでした。

むしろ、

今でもちょっと思っています笑、

 

 

というのも、

僕自身、ずっと人に何かを教える

ということをしてこなかったからですね。

 

 

ビジネスを始めたのは、

学生の時で、

社会経験はありません。

 

 

また、バイトでも

ずっと派遣で働いており

毎回勤務先がバラバラで

リーダーといった形のポジションにも

なったこともなかったですからね。

 

 

なので、僕自身、

人にやってもらって

収益を上げるなんて・・・

 

始めは一切考えたこともなかったですし、

「1人でがむしゃらに頑張るぞぉ~!」

 って感じでした。

 

 

それで、月商で450万円を

普通に稼いだわけですが、、、、、

 

 

これを続けていっても大丈夫なのか・・・

と思うようになったわけですね。

%e3%81%99%e3%82%99%e3%81%a3%e3%81%a8%e3%81%93%e3%81%ae%e3%81%be%e3%81%be-01 

 

当時やっていたことは、

リサーチして、仕入れて、商品受け取り、検品して、

写真撮って、商品登録して、出品して、売れたら梱包、発送・・・

ということを

 

永遠とやっていたわけですよ。

 

 

元気で時間があるうちはいいですが・・・

 

体調崩したり、急用ができたり、

遊びにいったり、、、、

 

 

なんて

ずっと作業しているわけには

いかないじゃないですか。

 

 

それでも、作業しないと収入が立たないですし・・・

 

 

なので、どんな時でも、

【収入を得られる仕組み】を作らないといけないな!

と感じました。

 

 

そう考えると、

やるべきことは”外注化”になるわけです。

 

 

もちろん、

補完的にツールを用いて

自動化させることもできますが、

一部の作業しか無理です。

 

 

例えば、

出品を効率化したければ

「メルポン」というツールを活用すれば

自動的に出品されていきます。

 

 

ただ、その他、

仕入、コメント対応、取引連絡・・・

といったことは完全自動化するのは

人の手を借りるしかないわけです。

 

 

「ビジネスとして拡大させていきたい!」

と考えたとき、

 

 

自力ですべてやるよりも、

「他力で仕組み化をしていく必要」があります

 

 

 

僕もまったくできないところから始め、

今や、外注化の仕組みができているのですが、

 

実際にどうやったら外注化ができるのか、

また、お話していきますね!

 

kei-10

The following two tabs change content below.
阿部悠人(あべゆうと)

大学3年の就職活動真っ只中、経営者に影響を受け起業を決意。
当時面接まで進んでいた会社には断りの電話を入れ起業に集中する。本の影響からアフリカでの中古車輸出ビジネスを展開を考えたが資金力不足から断念。そこからヤフオクの不要品販売を始める。
そこで長く使われた「ウマの被り物」が429円で商品が一つ売れた
売れた時の衝撃的な喜びと感動を受けひたすら転売ビジネスに没頭する。

その後、様々な転売を経験し当時はまだ無名のフリマアプリ「メルカリ」に目を付ける。メルカリの転売方法を開発する。その結果半年後には月商450万、月利益120万を叩き出す。その後、当時まだ存在しなかった日本初メルカリ転売ビジネス塾をスタートさせる。たくさんの実績者を輩出し今、現在もコンサルタントとして活躍する。

公式メールマガジン購読者10000人、LINE@登録数4000人とネットビジネス業界では異例な有数読者を確保している。自身のブログは月間平均45万PV、月間訪問ユーザーは15万人を超えるプロブロガーとしても活躍してる。2016年6月には本を出版「月に30万稼ぐメルカリ転売」Amazonベストセラー1位を達成。

阿部悠人の公式メールマガジンはこちらから