こんにちは、阿部です。

 

電車に乗っているとチラホラiPhone6を使っている方が

増えている感じがしますね。

 

9月にリリースされて、

5sを使っている私にとって、

今一番欲しい物の一つです。

 

初めて知ったのは、

iPhone4sが発売された頃

 

当時、スマホ=iPhoneの方程式がありました。

xperiaなどのスマートフォンと言われるものは

私にとってはガラケーでしかありませんでした(笑)

 

初めて持ったスマホはiPhone5s

去年の8月頃スマホを初めて使いました。

 

そんなガラ系人間の私ですが、

「画面が大きく、裏にリングを付けて持ち歩きたい!!!」

と喉から手が出るほどiPhone6

 

定価で買ってもいいのですが、

転売をやっている私にとって

なるべく安く、お得に購入したい….

 

転売のマインドが邪魔して

仕入れの中で手に入らない限り使いたくないんですよね(笑)

 

さておき、

そんなiPhone6ですが、

品薄で転売して稼いでいる方をご存知でしょうか。

 

iphone6 転売

 

これらはすべてsimフリーのモデルです。

 

simフリーはapple storeでのみ正規で扱っており、

現在はほぼ入荷していない状態です。

 

この方が売られている値段は

iPhone6 64GB で11万円

iPhone6 plus 64GBで12万5千円です。

 

一方apple storeはどうかと言えば

iPhone 6

iPhone6 apple

 

iPhone6 plus

iPhone6 apple2

 

apple store

iPhone6 64GB 【9万4千824円】

iPhone6 plus 64GB 【10万7千874円】

 

それぞれ税込の値段です。

 

メルカリと比べると

iPhone6で1万5千円

iPhone6 plusで1万8千円ですね。

 

ここで利益計算をします。

*iPhone6の場合*

メルカリの手数料 1万1千円

送料を千円とすると

3千円というところですね。

 

利益率は3%ほどなので

全然美味しくなかったですね(笑)

 

ちなみにこの手の商品は

アマゾンで販売したほうが儲かりますよ^^

iPhone6 シルバー

 

皆さんに知ってほしいことは

【定価越えでも商品は売れる】ということです。

 

結局は価格というのは

「需要と供給の関係」で決まるんですね。

 

限定20足しか販売されないナイキの商品があって

それを全部買い占めたとしますね。

 

もし、日本中のどこかにどうしても欲しい人がいれば

値段は買い占めた人が決められます。

 

定価2万円の商品でも

20万と設定してもいいですしね。

 

逆に、人気ない商品であれば

定価の10分の1ですら

売れないということもありえますね。

 

価格は需要と供給で決まるということを

しっかり頭に叩き込んでくださいね!

 

 

 

 

 

 

 

The following two tabs change content below.
阿部悠人(あべゆうと)

大学3年の就職活動真っ只中、経営者に影響を受け起業を決意。
当時面接まで進んでいた会社には断りの電話を入れ起業に集中する。本の影響からアフリカでの中古車輸出ビジネスを展開を考えたが資金力不足から断念。そこからヤフオクの不要品販売を始める。
そこで長く使われた「ウマの被り物」が429円で商品が一つ売れた
売れた時の衝撃的な喜びと感動を受けひたすら転売ビジネスに没頭する。

その後、様々な転売を経験し当時はまだ無名のフリマアプリ「メルカリ」に目を付ける。メルカリの転売方法を開発する。その結果半年後には月商450万、月利益120万を叩き出す。その後、当時まだ存在しなかった日本初メルカリ転売ビジネス塾をスタートさせる。たくさんの実績者を輩出し今、現在もコンサルタントとして活躍する。

公式メールマガジン購読者10000人、LINE@登録数4000人とネットビジネス業界では異例な有数読者を確保している。自身のブログは月間平均45万PV、月間訪問ユーザーは15万人を超えるプロブロガーとしても活躍してる。2016年6月には本を出版「月に30万稼ぐメルカリ転売」Amazonベストセラー1位を達成。

阿部悠人の公式メールマガジンはこちらから