こんにちは、阿部です。

 

「時は金なり」

 

最近、この言葉の意味を痛感しています。

 

うれしいことですが、やりたい仕事が多すぎて

時間がいくらあっても足りません。

 

ここでは

『限られた時間の中で

効率よく利益を上げるにはどうしたらいいのか?』

ということについて考えてみます。

 

効率よく利益を上げるには?

あなたには

「時間がなくて全然進みません・・・」

ということがありませんか?

 

少しでもそう思っているのであれば、

すぐに改善しましょう。

 

なぜなら、

忙しければ忙しいほど

あなたの収入は少ないままだからです。

「え、なんで?」

 

と思われるかもしれません。

ですが、あなたが思うお金持ちの人を思い浮かべてみてください。

 

ひんぱんに旅行をしたり、遊び歩いてはいませんか?

(そんな人ばかりではないので一概には言えませんが・・・)

 

そのお金持ちは

あなたが月に20万円を稼ぐのに対して

あなたよりもずっと短い時間で何倍も稼いでいることは間違いありません。

 

しかし

そのようなお金持ちにも、あなたにも、僕にも、

平等に与えられているのは・・・

【 時 間 】です。

 

1日24時間と限られた中で大きく稼ぐのであれば、

なるべく効率よく収益を上げる方法をとる必要があります。

 

その方法として、

2つアプローチ方法があります。

 

効率を上げるには高単価化と自動化

あなたはこの2つを意識していますか?

 

高単価と自動化を実現させるとこができれば、

ビジネスの効率、収益性は間違いなく上がります。

 

高単価化で利益効率を上げる

低単価商品より高単価の商品を扱ったほうが

利幅が大きいのは確実ですよね?

 

3000円の商品を扱うよりは

3万円の商品を扱ったほうが

単純に考えて10倍稼げます。

 

メルカリ販売で稼ぐと考えたときに

基本的には3000円以内の商品がかなり売れやすく

まあ、高単価とも言えませんが

ここでも、意識するかどうかでかなり変わります。

 

僕は最低基準を

「1個当たり1000円以上利益」

として指導しております。

 

1個当たり250円よりは500円の利益

それよりも1000円の利益を出したほうが

作業がぐっと少なくなり効率的に稼ぐことができます。

 

利益が250円→1000円になれば

1000円稼ぐために4回販売していたものが1回で済みます。

 

つまり

必要な作業が4分の1になります。

 

「でもでも・・・そんなこと言われてもどうやればいいの?」

となるかもしれません。

 

ですが、これは考え方を1つ変えるだけで

すぐに取り組むことができます。

 

薄利多売は強者の戦略

まずは高単価にするということですが

単純に低価格の商品を高くするということです。

 

ここで、多くの方は

「値段上げたら売れないんじゃないか?」

「安ければ安いほどいいでしょ。」

と考えます。

 

僕の生徒さんも初めはそうでした。

 

「安い方がいい」というマインドブロックが有り

少ない収益をちまちま回収し続ける。

そうなると作業も増える・・・

というジレンマにハマってしまいます。

 

本当にそれでいいのでしょうか?

 

薄利多売というのは

組織力と自動化のシステムを持っていれば有効です

しかし、そのどちらもない1個人がとる戦略ではありません。

 

では、どうするか?

 

高単価で販売していくためには

「付加価値」が必要です。

 

高単価販売の秘訣は付加価値

これは一般的に言われていることなので

「なんだ付加価値か〜」「知ってるよ」と思われるかもしれません。

 

しかし、「付加価値」と言われてどのようなことが思い浮かびますか?

「商品自体を変える」ですか?

 

たとえば、

・普通の時計を防水仕様にする

・割れにくい素材を使う

商品の機能面や、 ブランド価値を高めて・・・・

 

などと考えるかもしれませんが、

どれもお金と労力を要します。

これもまた1個人の初心者がやるべきことではありません。

 

ビジネスの鉄則は『簡単なことから行う』です。

 

単純な転売において

『誰でもできる高単価で販売する方法』といっても

聞けば「なんだそんなことか〜」と思うかもしれません。

 

実際その通りで

僕からお伝えする方法は

単純に今までの売り方の発想を変えるだけです。

 

ですが

発想1つで利益が大きく変わる

というのは面白くないですか?

 

この方法は

【メルカリ独自の機能】を存分に活用することも可能です。

 

ビジネスの鉄則は『簡単なことから行う』

ここまで、効率よく利益を上げるための方法のついて

紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?

 

ビジネスの鉄則は『簡単なことから行う』です。

 

また、多くの方が【付加価値】という言葉は知っていても

その【付け方】については理解されていません。

 

【付加価値を付ける】ということは

利益効率を上げるための基本ですから。

 

あなたも今までの売り方の発想を

変えてぜひ試してみてください!

 

なお「簡単にできる付加価値のつけ方」

別記事にて詳しく解説していますので

そちらもご覧ください。

 

 

The following two tabs change content below.
阿部悠人(あべゆうと)

大学3年の就職活動真っ只中、経営者に影響を受け起業を決意。
当時面接まで進んでいた会社には断りの電話を入れ起業に集中する。本の影響からアフリカでの中古車輸出ビジネスを展開を考えたが資金力不足から断念。そこからヤフオクの不要品販売を始める。
そこで長く使われた「ウマの被り物」が429円で商品が一つ売れた
売れた時の衝撃的な喜びと感動を受けひたすら転売ビジネスに没頭する。

その後、様々な転売を経験し当時はまだ無名のフリマアプリ「メルカリ」に目を付ける。メルカリの転売方法を開発する。その結果半年後には月商450万、月利益120万を叩き出す。その後、当時まだ存在しなかった日本初メルカリ転売ビジネス塾をスタートさせる。たくさんの実績者を輩出し今、現在もコンサルタントとして活躍する。

公式メールマガジン購読者10000人、LINE@登録数4000人とネットビジネス業界では異例な有数読者を確保している。自身のブログは月間平均45万PV、月間訪問ユーザーは15万人を超えるプロブロガーとしても活躍してる。2016年6月には本を出版「月に30万稼ぐメルカリ転売」Amazonベストセラー1位を達成。

阿部悠人の公式メールマガジンはこちらから