こんにちは、阿部です。

 

転売を行うにあたり必要なのが

仕入れ基準をしっかりと考えそれをもとに仕入れる力

「利益・ランキング・相場」の基準の選定が重要です。

 

よくあるのが

これ売れると思って商品を仕入れたけど結局は売れなかったということ

商品が売れるかどうかは自分で決めるのではなく実際に購入者さんが決めることなので自分んが欲しいかどうかではないんですね。

 

転売に関しては”仕入れで8割型稼げるかどうか”決まると言っても過言ではありません

 

今回は商品の仕入れ基準・方法についてシェアしていきます。

商売の基本は「安く仕入れて高く売る」ことです。

 

初心者が転売を行う上でメルカリ、アマゾン、ヤフオクなど限られた販路で販売するため、いかに安く仕入れられるかが重要です。

 

ではいくらで仕入れるのがいいのか?勘?それでは、ギャンブルと同じでまずいですよね。

 

上級者の方はいいですけど始めたばかりの方にはお勧めしません。初心者の方はまだまだ商品に対する知識が乏しいためです。

世の中には相場を調べるサイトというのがあり、それを基に実際に仕入れるかどうか決めていきます。

 

例えば、アマゾンであれば物レートとヤフオク、楽天オークション、モバオクであればオークファンというサイトです。

メルカリの場合は、検索より詳細設定で「売り切れ」と設定し調べてください。

 

モノレートはAmazonマーケットプレイスの価格変動やランキングを教えてくれます。

オークファンはオークションの商品の取引相場を知ることができるサイトです。

 

この3つから目当ての商品がどれくらいの頻度でいくら位で売れているか見極めていきます。

仕入れ値の目安は利益率が30%以上になるかです。

例えば売値の平均が10,000円くらいなら仕入れ値、手数料などを差し引いて3000円以上の儲けが出るかです。大まかな目安としては売値の50%で仕入れればOKです。

ただし、いくら安く仕入れることができても売れなければ意味がありません。安いものがあっただけで喜んではいけません。売れる可能性があるか否かは実際に相場サイトなどでどれくらいの頻度で売れているか見てみましょう。

これらのことを踏まえて仕入れに取り組んでいきます。最初は難しいかもしれませんが慣れてくれば大したことはありません。初めは上手くいかないかもしれませんが、諦めずにやりこむことが大切です。

 

 

The following two tabs change content below.
阿部悠人(あべゆうと)

大学3年の就職活動真っ只中、経営者に影響を受け起業を決意。
当時面接まで進んでいた会社には断りの電話を入れ起業に集中する。本の影響からアフリカでの中古車輸出ビジネスを展開を考えたが資金力不足から断念。そこからヤフオクの不要品販売を始める。
そこで長く使われた「ウマの被り物」が429円で商品が一つ売れた
売れた時の衝撃的な喜びと感動を受けひたすら転売ビジネスに没頭する。

その後、様々な転売を経験し当時はまだ無名のフリマアプリ「メルカリ」に目を付ける。メルカリの転売方法を開発する。その結果半年後には月商450万、月利益120万を叩き出す。その後、当時まだ存在しなかった日本初メルカリ転売ビジネス塾をスタートさせる。たくさんの実績者を輩出し今、現在もコンサルタントとして活躍する。

公式メールマガジン購読者10000人、LINE@登録数4000人とネットビジネス業界では異例な有数読者を確保している。自身のブログは月間平均45万PV、月間訪問ユーザーは15万人を超えるプロブロガーとしても活躍してる。2016年6月には本を出版「月に30万稼ぐメルカリ転売」Amazonベストセラー1位を達成。

阿部悠人の公式メールマガジンはこちらから