kei-10

こんにちは!
阿部です。

前回お送りしました
ストローハットですが反響が多く嬉しいです^^

 

チェックできなかったか方は
こちらからも確認できます。

http://fripro.jp/mercari/simply-research/

 

ご連絡いただいた方には、
アマゾンとアリババの”仕入先”をご紹介しました。

それぞれの仕入値は、
アマゾンは900円ほど
アリババは200円ほど

と約4倍以上も値段が違います。 

さらに、

メルカリは1980円で売れているので

アリババと比べ”10倍以上”も違うわけなんですね。

 

単純に

アマゾン→メルカリでも稼げますし、

 

より利益を上げていく場合
アリババ→メルカリが断然いいです。

最近は無在庫で取り組む方が増えたため、
有在庫で行うアリババ→メルカリが”がら空き”です。

 

ちょっとリサーチするだけで
かなり稼げる商品が見つかり、
ごく1部の人だけで
独占的に利益を上げている状態ですね。

 

彼らからしたら
みんな無在庫に流れてくれて
めっちゃ嬉しいでしょう笑

 

なぜか?
 ・
 ・
 ・

それは、有在庫プレイヤーにとって無在庫は”ライバル”ではないからです。

 

ストローハットの例を見て頂ければ
一目瞭然で、
仕入れの値段がまったく違います。

 

そのまま1980円で販売していても
どちらも利益はでるのでいいのですが、

 

仮に中国から仕入れてきて、
メルカリで900円で販売した場合 
中国輸入の方は、500円ほど利益がでますが、
アマゾン仕入れの方は利益が0・・

 

というよりも手数料などあるのでマイナスになります。

いま現状どちらも利益が出る状態ですが、

仮に”値下げ”してしまい追い出すという戦略をとった場合
明らかに有在庫が有利になります。

 

他にも、 

amazonで在庫切れになる
納品書を抜いてくれない
仕入れ価格が上がってしまう・・

などなど、

 

”無在庫”は金銭的なリスクはない

といえども、
ビジネスのリスクがあります。

 

要は、安定的に稼ぎ続けようと考えた場合
無在庫は圧倒的に弱いのです。

 

多くの方は、
無在庫だとリスクがないからやってみようかな 

と参入しますが、
リスクがないからやるの?

と僕は思います。

 

確かに、リスクがなければ自分にはダメージがない

そうした意味では、
いいのかもしれません。

 

ただ、考えてみて欲しいのですが、
あなたにリスクがないということは
誰かしらにリスクを負担してもらっている
ということなのです。 

ClayWoman 01

つまり、リスクを負担している方がいなくなってしまっては、
あなたのビジネスが回らなくなってしまう可能性もある
ということですね。

 

そのリスクが取れない分、
アマゾンとアリババのように
リスクがない分リターンもまた小さいのです。

 

だから無在庫をやめようよ
ということを言っているわけではなく、

 

まずは無在庫からでもいいのですが、
将来的に有在庫で勝負する
ということも意識してほしいということです。

 

あくまで、
どんなものが売れるのかという
マーケティングの視点で取り組み

そして、売れるものは
ガンガン有在庫に切り替えていきたいですね。

 

有在庫は在庫のリスクがあったり、
また資金が必要でしょ?と思われるかもですが、

実際にメルカリにおいては
しっかりとリサーチして売れるものを仕入れれば
大量の不良在庫を持つことはないですし、
また、数万円からも取り組めます。

 

関税、代行手数料、国際送料なんて、
思っているほど高い金額ではありません。

 

中国輸入の始め方
については
こちらの記事をご覧ください!

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
http://fripro.jp/china-import/hajimekata/

 

では!

 

kei-10

 

 

★メルマガ登録プレゼント企画★


こちらよりメルマガに登録頂けると今なら

「メルカリ転売の教科書」プレゼント!

さ・ら・に


登録後メッセージいただけた方には

「メルカリ転売動画」
も無料で提供中!!

 

メルマガ登録は画像を
↓クリック↓