中国輸入で稼ぐ方法として3パターンの販売方法があります。

 

1相乗り出品。2新規出品。3OEM。

 

相乗り出品が一番簡単で、OEMが一番難しい販売方法です。

 

中国輸入初心者はまず、1番の相乗り出品をやって、

中国輸入における基礎力を固めてから

徐々に難易度の高い「新規出品」、「OEM」

といった販売方法に移行していきます。

 

 

今回は、これらの販売方法の

「相乗り出品」について紹介していきます。

 

まず1つ目の「相乗り出品」ですが、

中国輸入を行うにあたり初心者がまず取り組むべき手法です。

 

相乗り出品は何かといいますと、

すでに販売されている商品を真似して

同じ商品を仕入れ、販売していく手法です。

 

中国輸入において相乗り出品という言葉は

アマゾン中国輸入の時に使われていた言葉です。

 

元々中国輸入はアマゾンで販売することが流行っていたんですね。

アマゾンでは1商品1カタログが原則で、

同じ商品は必ずそこに出品しなければなりません。

 

そのため、既存にあるカタログに便乗して出品する

という意味で「相乗り出品」と言われていました。

 

メルカリ中国輸入でもここでは相乗りと表現をします。

 

物販を始めたての人は

そもそもどんな商品が売れるかわからないですし、

新しいことに、難しいことに挑戦しようとすると大方失敗します。

 

別に失敗してもいいのですが、

なるべく大きな損失を出さないほうがいいです。

 

そのために極限までリスクを抑えた便乗出品が

最初の段階でお勧めです。

 

すでに売れている商品の仕入れ先を見つけ、

同じ場所で販売するわけですから、

しっかりと利益計算をして仕入れれば赤字になることはほぼあり得ません。

 

この相乗り出品をするだけでも

相場感、リサーチ精度、梱包、発送その他もろもろ

物販における基礎知識がほぼ身に付くといっても過言ではありません。

 

 

ここで着実に利益を上げつつ

基礎知識を身に付けていけば

次の新規出品へ向け仕入資金を確保でき

成功へと導いていけるようになります。

 

中国輸入初心者はまず、

「相乗り出品」をして力を付けていきましょう。

 

 

The following two tabs change content below.
阿部悠人(あべゆうと)

大学3年の就職活動真っ只中、経営者に影響を受け起業を決意。
当時面接まで進んでいた会社には断りの電話を入れ起業に集中する。本の影響からアフリカでの中古車輸出ビジネスを展開を考えたが資金力不足から断念。そこからヤフオクの不要品販売を始める。
そこで長く使われた「ウマの被り物」が429円で商品が一つ売れた
売れた時の衝撃的な喜びと感動を受けひたすら転売ビジネスに没頭する。

その後、様々な転売を経験し当時はまだ無名のフリマアプリ「メルカリ」に目を付ける。メルカリの転売方法を開発する。その結果半年後には月商450万、月利益120万を叩き出す。その後、当時まだ存在しなかった日本初メルカリ転売ビジネス塾をスタートさせる。たくさんの実績者を輩出し今、現在もコンサルタントとして活躍する。

公式メールマガジン購読者10000人、LINE@登録数4000人とネットビジネス業界では異例な有数読者を確保している。自身のブログは月間平均45万PV、月間訪問ユーザーは15万人を超えるプロブロガーとしても活躍してる。2016年6月には本を出版「月に30万稼ぐメルカリ転売」Amazonベストセラー1位を達成。

阿部悠人の公式メールマガジンはこちらから