皆さん、こんにちは。

 

 

今回はAmazonの『ショッピングカートボックス』についてお話します。

 

『ショッピングカートボックス』、通称カートボックスとは

下図の赤い四角で囲んだ部分のことを言います。


かと1

 

で、「カートボックスを獲得する」というのは下図のように

かと2

 

商品ページのトップに自分のストアが出ていることを言います。

 

上の図ですと黒く塗りつぶした所にストア名が出ています。

【この商品は、(ストア名)が販売し、Amazon.co.jpが発送します。】

 

この状態だと、画面右の「カートに入れる」をクリックした場合、

自分のストアから商品が購入されることになります。

 

一応、画面右下には他のストアも表示されていますが、

ほとんどの人は画面右の「カートに入れる」をクリックし購入します。

かと1

 

つまり、「カートボックスの獲得」は商品を売るための最重要事項なのです。

(相乗り出品など同じ商品を複数のストアが出品している場合、ストアごとに差をつけにくいため)

 

ですから、最低でも画面右下の「こちらからもご購入いただけます」の欄に

自分のストアを載せなければいけません。

 

 

では、どうやったらカートボックスを獲得できるのか?

 

アマゾン側は明確な獲得のための指標は公開していませんが、

「獲得の要件」と「獲得率を高める方法」は発表しています。

 

それから考えると、影響してくるの以下の点かなと思います。

 

★価格

 

安いに越したことはありませんが、

最低価格ならば取れるというわけでもないようです。

 

私自身の体験も含めて考えると、

販売価格が1,000円~5,000円くらいの場合は、
Amazonプライムの最安値から100円以内。
10,000円を超えると、
Amazonプライムの最安値から100円以上離れても大丈夫のようです。

 

★在庫状況

 

在庫が0では獲得できません。

在庫数は多い方がいいようです。

 

また同ジャンルの関連商品をどれくらい

在庫に持っているかも影響してくるようです。

 

★配送

 

FBAが必須です。

 

★出品形態

 

大口出品が必須です。

 

★顧客満足指数

 

これは

 

・注文不良率

・キャンセル率

・出荷遅延率

・ポリシー違反

・回答時間

・評価

 

の6つで構成されています。

 

注文不良率・キャンセル率は返品やクレームが影響しています。

 

出荷遅延率は自己出品者に関わるものですね。

注文を受けたら遅くとも3日以内に発送しましょう。

FBA利用者はAmazonが配送を行ってくれるので関係ありません。

 

ポリシー違反はAmazonのポリシーを守っているかどうかです。

 

回答時間はお客様から問い合わせに

どれだけ早く対応できたかが問われます。

 

24時間以内の対応を心掛けましょう。

 

評価の項目はお客様からの評価により決まります。

当然、高評価が多い方が獲得率は高まります。

何より、高評価のストアの方がお客様は集まりますよね。

 

ですから、お客様からの評価には常に気を配りましょう。

 

以上で『カートボックス』についての説明は終わりです。

 

 

どうでした?感じはつかめましたか?

 

カートボックスを獲得できるか否かは

Amazonで販売する場合の死活問題です!

 

少しでも獲得率を上げられるようコツコツやっていきましょう。

 

 

★メルマガ登録プレゼント企画★


こちらよりメルマガに登録頂けると今なら

「メルカリ転売の教科書」プレゼント!

さ・ら・に


登録後メッセージいただけた方には

「メルカリ転売動画」
も無料で提供中!!

 

メルマガ登録は画像を
↓クリック↓