kei-10 

 

こんにちは!阿部悠人です。

 

今回は

これから個人・法人で

「【中国輸入ビジネス】を始めていきたい!」

考えていらっしゃる方に向け

「中国輸入の始め方・やり方」を記事にしました。

 是非参考にしていただければと思います。

僕自身2014年の2月に中国輸入に出会い

あれこれ2年以上経過し、最前線で取り組んできました。

0AhS7-03 

始めは、

中国のイーウーと呼ばれる

ダイソーなどの100均の仕入先となっていたところへ

現地仕入れに行ったのが始まりでした。

当時はまったく教えてくれる方や知識、ノウハウがなく

「中国輸入は稼げるらしい」ということしかわかりませんでした。

 

そこでまず現地に行って直接仕入れるものだと思っていたのですね。

 

そして不用品販売と言われる

自宅にあるいらないものを売って稼いでいただのですが、

要らない物も尽きてしまいそろそろどこからか安く仕入れなければ

と考えていたところでした。

 

グーグルで検索していく中で、

中国のイーウーというところなら

格安の商品がいくらでも手に入ると記載されており

それなら行くしかないと思い次の日には航空券の予約をしていました。

 

現地に10日ほど仕入れを行き

当時はお金も人脈もまったくなかったため

一人で飛び込みました。

 

まずは「福田市場」と呼ばれる、かなり大きい卸市場に行き

楽天ランキングを参考にしつつ買い付けてましたね。

 

中国人と間違われ

中国語で話されても全くわからなかったというのが

今でも記憶にあります笑

 

 実際のところ「中国輸入」

・中国語の知識

・中国の人脈

・中国の元

・法人の有無

 などなどまったくなくても始められます

 

一般の個人、学生でも主婦の方でも

インターネットさえつながっていれば

誰でも始めることができ在宅ですべて完結します。
pixta_13496888_M 

なので、ビジネス初心者の方にもおすすめです。

 

そんな中国輸入ですが、

まずどんなところがメリット

どんなところがデメリットがあるのか知っておきましょう。

 

まず、多くの方が行われている

中国輸入とは

中国サイトから商品を仕入れ

日本のアマゾンで販売することが主流です。

 

Amazonで「ノ―ブランド」と検索すると

山ほど中国輸入のものがヒットします。

 

ピアス、ネックレス、スマホカバー、

服、キャンドルなどなど

 

あらゆる商品が中国から仕入れることができます。

それらを中国サイトのタオバオ、アリババ、aliexpress等から

同じ商品を探し、価格差があり利益がでそうであれば

それを仕入れるという流れです。

 

それぞれのサイトの解説はこちらの動画をご覧ください。

 

そして仕入れる際は、

タオバオ、アリババに関しては

直接仕入れることができないため

“買付代行会社”というところへ依頼します。

 

この買付代行会社とは何かと言いますと、

指定した商品を買付、検品、日本まで国際発送してくれる会社です。

 

こちらを活用しますと

日本で買い物するのと同じような感覚で

商品を購入していくことができます。

 

代行会社さんはたくさんあるのですが、

その中でも初心者で手頃に安く使えるところとして

“ライトダンス”

いうところがお勧めです。

 

ちなみに中国輸入を始めるにあたって

「代行会社」というのがかなり大きな存在になります。

 

個人で中国輸入を実践されている方の9割ほどは

この代行会社を活用されていますからね。

 

なぜかと言いますと、

中国サイトから買い付けるにあたって

支付宝(アリペイ)という決済サービスを使うのが主流なのですが、

チャージする際に中国の銀行口座が必要です。

018631 

さらにさらに、

「中国から日本へ発送する方法どうするの?」

というのが一番のネックです。

 

中国サイトの販売者に日本へ送ってくれなんて

交渉するのも面倒ですし、そもそも送ってくれるのかな??

 

他にも様々な理由はありますが、

中国輸入を実践する上で代行会社を使うのは必須です。

 

 

仕入れたい商品を見つけ、

その商品が記載されているURLを

中国の買付代行会社に「これを買いたい」と発注します。

↓ 

そして、代行会社が日本へ国際便で送ってくれ、

発注した方の指定した場所(自宅など)へ届きます。

↓  

そして、商品が到着したら

商品の画像を取り出品・販売という流れです。

画像に関しては、

ご自身で撮る必要もなく

初めは中国サイトの画像をそのまま使わせてもらいましょう。

 

画像を簡単にキャプチャーできるソフトで

Snapcrabというのがありますのでこちらを使います。

 

windows専用なので

macの方は搭載されている

ペイントのような加工ソフトをご活用ください。

 

中国輸入の始め方をおさらいしますと

 ■ 中国輸入の始め方

1.中国サイトから仕入れたい商品を探す

2.仕入れたい商品のURLを代行会社に送り商品の注文依頼を行う

3.代行会社が日本へ発送する

4.自宅に商品が届く

5.写真を取り出品する

6.売れたら商品を発送する

 

以上の6つのステップです。

 

中国輸入初心者はまずフリマアプリ「メルカリ」 から始めよう!

 中国輸入を始めるうえでまず何をすればいいのか?

 

kei-10

 

The following two tabs change content below.
阿部悠人(あべゆうと)

大学3年の就職活動真っ只中、経営者に影響を受け起業を決意。
当時面接まで進んでいた会社には断りの電話を入れ起業に集中する。本の影響からアフリカでの中古車輸出ビジネスを展開を考えたが資金力不足から断念。そこからヤフオクの不要品販売を始める。
そこで長く使われた「ウマの被り物」が429円で商品が一つ売れた
売れた時の衝撃的な喜びと感動を受けひたすら転売ビジネスに没頭する。

その後、様々な転売を経験し当時はまだ無名のフリマアプリ「メルカリ」に目を付ける。メルカリの転売方法を開発する。その結果半年後には月商450万、月利益120万を叩き出す。その後、当時まだ存在しなかった日本初メルカリ転売ビジネス塾をスタートさせる。たくさんの実績者を輩出し今、現在もコンサルタントとして活躍する。

公式メールマガジン購読者10000人、LINE@登録数4000人とネットビジネス業界では異例な有数読者を確保している。自身のブログは月間平均45万PV、月間訪問ユーザーは15万人を超えるプロブロガーとしても活躍してる。2016年6月には本を出版「月に30万稼ぐメルカリ転売」Amazonベストセラー1位を達成。

阿部悠人の公式メールマガジンはこちらから