皆さん、こんにちは。

 

ふらっと日用品を買うために

ドンキホーテに行ってきました。

 

ドンキってパーティグッツやら家電、スーツケースなどなんでも置いてありますよね。

 

食品やお酒もありとっても安い。

よく学生の時宅飲みのため買い出しに来ていました。

 

 

そんなドンキで見て回っていたところ見覚えのある商品が!

 

 

この化粧鏡。

S__9568260

 

ちょっと前まで自分が仕入れていた商品ではないですか。

 

 

ちなみにタオバオだとこちら

mirrer

 

139元で売ってました!

一元20円だとすると約2800円くらいかな。

 

国際送料やその他経費を考えると

原価が3500円だとしてそれでも2500円ほどの差額がありますね。

 

安くするためにロットが1000個とか

もっとなのかな….つまりもっと安く仕入れているわけです。

2500円くらいになるのかなあ。

 

仮にドンキに6掛けで卸したとして3500円

それでも1000円の利益が出ちゃいそうですね。

 

1000円×1000個=100万円???

一つの商材だけで100万を稼げたら最高ですね!

 

軽くシュミレーションをしてみましたが、

中国輸入は卸しもできますし、自己ブランドを立ち上げSONYのようなメーカーも作ることだってできます。

そんなに夢物語ではありませんし、自分でブランドを作ることなら資金さえあればできてしまいます。

 

中国輸入の相乗りで基礎を身に付けることができたら次は、OEMで自己ブランドを作ってみてはいかがでしょうか。

安い商材であれば10万円からでもできますし、上手くブランディングできればドンキホーテの店頭に並べることができるかもしれませんね!

 

 

 

 

 

中国輸入って極めるとたどり着くのはここなんです。

 

自分で商品を開発し、小売り店に卸すということができてしまいます。

ドン・キホーテも例外ではありません。

 

初めはね、みんなが扱っていて売れている商品を仕入れて販売する。

 

そこで中国輸入の流れを把握し、もっと稼ぐにはどうしたらいいか考える。

 

競合がいると価格競争になってしまうので売れている商品を少し改良し、半OEMで自己ブランドの商品を作る。

 

そして、かなり売れるなら実店舗に交渉してもいいよね。

The following two tabs change content below.
阿部悠人(あべゆうと)

大学3年の就職活動真っ只中、経営者に影響を受け起業を決意。
当時面接まで進んでいた会社には断りの電話を入れ起業に集中する。本の影響からアフリカでの中古車輸出ビジネスを展開を考えたが資金力不足から断念。そこからヤフオクの不要品販売を始める。
そこで長く使われた「ウマの被り物」が429円で商品が一つ売れた
売れた時の衝撃的な喜びと感動を受けひたすら転売ビジネスに没頭する。

その後、様々な転売を経験し当時はまだ無名のフリマアプリ「メルカリ」に目を付ける。メルカリの転売方法を開発する。その結果半年後には月商450万、月利益120万を叩き出す。その後、当時まだ存在しなかった日本初メルカリ転売ビジネス塾をスタートさせる。たくさんの実績者を輩出し今、現在もコンサルタントとして活躍する。

公式メールマガジン購読者10000人、LINE@登録数4000人とネットビジネス業界では異例な有数読者を確保している。自身のブログは月間平均45万PV、月間訪問ユーザーは15万人を超えるプロブロガーとしても活躍してる。2016年6月には本を出版「月に30万稼ぐメルカリ転売」Amazonベストセラー1位を達成。

阿部悠人の公式メールマガジンはこちらから