先日、パソコンを買い変えて色々と面倒なことになっています。

sonyのvaioからmac bookにしたのですが、

ワードやエクセル、

ソフト関連の物はすべて買いなおさないといけないと

出費がかなりかさんでおります(笑)

 

「もう少し考えておけば、準備しておけばよかったかなぁ

と少し後悔中です。

何事も事前の準備が大切ですよね。

 

皆さんにはそういった経験はありませんか?

 

さて、今回は中国輸入を始めるにあたって

準備しておくべきことについて説明します。

 

準備といっても難しいことではなく、

いくつかの「サイト」を登録し

「ツール」をパソコンに取り込むということを行います。

 

これによって稼ぐために最適な環境を作っていきます!

 

4つの準備すべきこと

 

1、Google Chrome(グーグルクローム)に設定する

2、使うサイトをブックマークに登録する

3、Amazonに出品者登録する

4、PayPalに登録する

 

1:ネットビジネスをするなら「グーグルクローム」がおススメです。

なぜなら、理由が3つあります。

〇「動作が速い」

〇「自動で外国語を日本語に訳してくれる」

〇「輸入ビジネスに適した拡張機能が多い」からです。

同時にGmailアドレスも取得し、ビジネス用として使用しましょう。

 

ダウンロードはこちらから

 

2:よく使うサイトはブックマーク登録をして手間を省きましょう。

各サイト、ツールについては今後説明していきますのでご安心を。

 

ブックマークしておくべきサイト

【中国仕入れサイト】

タオバオ

アリババ

輸入する商品を仕入れるサイトです。

 

【ツール】

PRICE CHECKE(プライスチェック)

モノレート

上2つはAmazonでの売れ行き、販売価格、出品者数を知るために使います。

 

FBA料金シミュレーター

Amazonで販売した場合、利益がどれくらい出るか調べるために使用します。

 

Google翻訳

日本語の商品名を中国語に翻訳する際使用します。

 

チャイナマート

チャイナマートはタオバオの日本語版のようなモノです。

タオバオに比べ若干高めになっていますので、商品を調べるためだけに使います。

 

3:商品はAmazonで販売していきますので出品者用のアカウントを取得しましょう。

 

Amazonが良い理由としては、

「商品画像を用意しなくてよく出品が楽」、

「FBAがあるため作業負担を減らすことができる」、

「集客力が高い」

などが挙げられます。

 

4:PayPalは世界中で利用されている決済サービスです。

中国から商品を仕入れる際に使用しますので登録を済ませておきましょう。

基本的に仕入れ代金を支払うための利用なので

「パーソナルアカウント」で問題ありません。

 

登録方法についてはこちらを参考に

 

どうでしょうか。

準備と言ってもそんなに大変なモノという感じではないですよね。

 

サクッとすませて稼ぐ環境を整えてしまいましょう!

 

The following two tabs change content below.
阿部悠人(あべゆうと)

大学3年の就職活動真っ只中、経営者に影響を受け起業を決意。
当時面接まで進んでいた会社には断りの電話を入れ起業に集中する。本の影響からアフリカでの中古車輸出ビジネスを展開を考えたが資金力不足から断念。そこからヤフオクの不要品販売を始める。
そこで長く使われた「ウマの被り物」が429円で商品が一つ売れた
売れた時の衝撃的な喜びと感動を受けひたすら転売ビジネスに没頭する。

その後、様々な転売を経験し当時はまだ無名のフリマアプリ「メルカリ」に目を付ける。メルカリの転売方法を開発する。その結果半年後には月商450万、月利益120万を叩き出す。その後、当時まだ存在しなかった日本初メルカリ転売ビジネス塾をスタートさせる。たくさんの実績者を輩出し今、現在もコンサルタントとして活躍する。

公式メールマガジン購読者10000人、LINE@登録数4000人とネットビジネス業界では異例な有数読者を確保している。自身のブログは月間平均45万PV、月間訪問ユーザーは15万人を超えるプロブロガーとしても活躍してる。2016年6月には本を出版「月に30万稼ぐメルカリ転売」Amazonベストセラー1位を達成。

阿部悠人の公式メールマガジンはこちらから