皆さん、こんにちは。

 

 

ここ最近、テレビCMなどで

着なくなった洋服や使わなくなった不用品を携帯で撮影して、

簡単に売り買いができるといった

フリマアプリの宣伝を見かけることが多くなりましたよね。

 

今回も前回に引き続き、

学生から30代の幅広い女性をターゲット層としている

フリマアプリ「Fril(フリル)」を使って、

簡単に賢く稼げる方法を伝授したいと思います。

 

ではでは、早速ですが、前回の続きです。

登録情報の設定の1番最初の項目にある

「ショップ・プロフィール」の設定についてお話しますね。

 

前回はショップ・プロフィールの欄に、

自己紹介に加え、下記のような免責事項

 

①自宅保管品ですので神経質な方はご購入をお控えください。

 

②着画はできかねます

 

③値下げ交渉NG

 

④送料込の場合の発送は一番低価格な方法(普通郵便など)で行いますので、

発送事故による責任は一切負いかねます

 

⑤他サイトにも出品しているため、

突然出品を取り下げる場合もございます

 

なども一緒に記入する

というところまでお伝えしました。

 

では、ショップ・プロフィールの欄に

免責事項を記載しておくと、

具体的にどのようなトラブルが

回避できるのでしょうか?

 

2回に分けて見てみることにしましょう。

 

①自宅保管品ですので神経質な方はご購入をお控えください

 

新品・未使用の品物でも自宅保管品などは、

畳みシワがついていたり、

検品の際に気づけなかった微細な汚れがあるかもしれません((+_+))

中古の品ならなおさらです。

 

自分ではこれくらい大丈夫だろうと思っても、

購入者にとっては違う場合も十分考えられます。

 

プロフィールの欄に事前に記載しておけば、

スムーズな取引が期待できるというわけです。

 

②着画はできかねます

 

着画についてのお断りも記載しておきたい注意事項の1つです。

 

意外に多いのが、

商品を実際に着用した写真を掲載して欲しい

という購入希望者からの要望です。

 

出品写真だけではイメージがつかめなかった場合に

寄せられることが多いのですが、

着画の際に顔が写っていたりすると、

プライバシーの問題など後々面倒ですので、

着画は限定的に行うのがいいようです。

 

どうしても行わなくてはいけない場合は、

写真のように画像処理を施したり、

顔を写さないで撮影するのがおススメです。

 

次回は

今回紹介しきれなかった

「免責事項の続き」について紹介します。

The following two tabs change content below.
阿部悠人(あべゆうと)

大学3年の就職活動真っ只中、経営者に影響を受け起業を決意。
当時面接まで進んでいた会社には断りの電話を入れ起業に集中する。本の影響からアフリカでの中古車輸出ビジネスを展開を考えたが資金力不足から断念。そこからヤフオクの不要品販売を始める。
そこで長く使われた「ウマの被り物」が429円で商品が一つ売れた
売れた時の衝撃的な喜びと感動を受けひたすら転売ビジネスに没頭する。

その後、様々な転売を経験し当時はまだ無名のフリマアプリ「メルカリ」に目を付ける。メルカリの転売方法を開発する。その結果半年後には月商450万、月利益120万を叩き出す。その後、当時まだ存在しなかった日本初メルカリ転売ビジネス塾をスタートさせる。たくさんの実績者を輩出し今、現在もコンサルタントとして活躍する。

公式メールマガジン購読者10000人、LINE@登録数4000人とネットビジネス業界では異例な有数読者を確保している。自身のブログは月間平均45万PV、月間訪問ユーザーは15万人を超えるプロブロガーとしても活躍してる。2016年6月には本を出版「月に30万稼ぐメルカリ転売」Amazonベストセラー1位を達成。

阿部悠人の公式メールマガジンはこちらから