皆さん、こんにちは。

 

昨日も紹介したフリマアプリの≪フリル≫。

 

UP後にさっそく、いくつかの問い合わせが来て、

浸透しつつあるなあとを実感しました。

 

そこで今日は、≪フリル≫について徹底的にご紹介させていただきます。 

 

紹介させていただくのはアプリを開いて

一番初めに出てくるページのタイムラインについてです。

そもそもタイムラインと聞くとLINEのページを連想しませんか?

 

常に新しい情報が上がってくるページ。

 

辞書で調べると

≪SNSの一、フェイスブックのプロフィールページや

ツイッターなどで発言が時系列に並んだ状態の表示画面のこと≫

と出てきます。

 

そうです、フリルの中のタイムラインも同じ役割を果たします。

フリルではタイムラインのフォロワーは最初、

自分のフォロワーにしか表示されません。

 

しかし≪イイね≫をつけられると、

そのイイねをつけてくれた人のフォロワーにまで拡散します。

 

つまりイイねをつけられればつけられるほど

商品が拡散されていくんです。

 

タイム1

通常タイムライン

 

まずイイねを増やすためにはフォロワーを増やす必要があります。

 

フォロワーを増やすためには

自分自身がいろいろな人のページに行き、

商品にイイねをしたり、

この人フォローしたいなと思う人をフォローしたりと方法は様々です。

 

タイム2

自分がイイねをしたものが出る

 

多くの人に商品を見てもらうことにより、

購入してもらえる人の量や幅も変わってきますので、

様々なページへサーフィンすることも1つの方法ですね。

 

タイム3

コメントしたアイテム

出品 購入 両方

 

タイムラインの重要さがわかると、

出品するときに撮影する一枚目の写真が

どれだけ重要かがわかりますよね。

 

余談になりますが、

≪イイねをすると商品が拡散されてしまう≫

 

ということは

 

本気で狙っている商品があった場合は、

ライバルが増えてしまうということなので、

「イイね」ではなくコメントで交渉をすることが得策だと思います。

 

『タイムラインを制する者はフリルを制す。』

 

と言うくらいタイムラインは重要なので、

写真もアプリで加工するなど工夫してみましょう。

 

ちょっと手を加えるだけで同じものでも

全く違ったものに見えることってありますよね?

 

それでは今回はタイムラインについてのお話でした。

 

皆さんにも素敵な一枚が撮れますように^^

 

 

ご質問・ご相談があればドンドンお願いします!

 

The following two tabs change content below.
阿部悠人(あべゆうと)

大学3年の就職活動真っ只中、経営者に影響を受け起業を決意。
当時面接まで進んでいた会社には断りの電話を入れ起業に集中する。本の影響からアフリカでの中古車輸出ビジネスを展開を考えたが資金力不足から断念。そこからヤフオクの不要品販売を始める。
そこで長く使われた「ウマの被り物」が429円で商品が一つ売れた
売れた時の衝撃的な喜びと感動を受けひたすら転売ビジネスに没頭する。

その後、様々な転売を経験し当時はまだ無名のフリマアプリ「メルカリ」に目を付ける。メルカリの転売方法を開発する。その結果半年後には月商450万、月利益120万を叩き出す。その後、当時まだ存在しなかった日本初メルカリ転売ビジネス塾をスタートさせる。たくさんの実績者を輩出し今、現在もコンサルタントとして活躍する。

公式メールマガジン購読者10000人、LINE@登録数4000人とネットビジネス業界では異例な有数読者を確保している。自身のブログは月間平均45万PV、月間訪問ユーザーは15万人を超えるプロブロガーとしても活躍してる。2016年6月には本を出版「月に30万稼ぐメルカリ転売」Amazonベストセラー1位を達成。

阿部悠人の公式メールマガジンはこちらから