1,インターネットビジネスとは

 

インターネットビジネスとは インターネットを使ったビジネスの 総称です。

インターネット上で行うことで、極限まで初期費用を抑え、

尚且つ 労力を小さくし日本全国、世界中に向けてビジネスを行うことができます。

 

場所や時間の制約はありませんし、

始めるための資金もほとんど必要としません。

 

それに自分一人で出来てしまいます。

あらゆる人に開かれたフロンティアです。

こんなこと、リアルビジネスではありえません。

 

場所と時間に縛られるのはもちろん、

店舗を出すために大金が必要 になりますし、 多くの場合人を雇う必要もでてきます。

このようなことから解放され、

しかも大きく稼げるチャンスを秘めているのがインターネットビジネスです。

一口にインターネットビジネスと言っても様々なモノがあります。

 

アフィリエイト、転売、

今ではヒカキンを代表として youtuber というのが流行っています。

 

皆さんも”ツイッター、facebook で稼ぐ”

ということを聞いたことは ありませんでしょうか。

年々ネットビジネスは進化していますが、

リアルビジネスと商売の本質は変わりません。

 

本質とは 2 つあります。

1、形がある商品を販売すること

2、サービスを提供すること

 

1と2の違いは大まかに言えば

目に見えるものか見えない物を販売するかということです。

 

たとえば、

1ではせどり・転売、輸出入、無在庫販売

2ならアフ ィリエイト、コンサルティング、情報商材の販売が挙げられます。

 

そして今流行りの Twitter や facebook

そして LINE で稼ぐなど 目新しい媒体で稼いでいくのが大方ここに当てはまります。

 

ここでいったん、1,2の主なネットビジネスについて紹介します。

 

1に分類されるビジネス

■せどり、転売

ブックオフやリサイクルショップ、

フリマ アプリから安く仕入れたモノ(本や家電、洋服など)を

Amazon などで仕入れ価格より高く販売するビジネスです。

 

■輸出入転売

出は日本で仕入れたモノを

米国 Amazon や ebay など海外のショッピングサイトやオークションサイトで販売します。

 

輸入は中国のショッピングサイトや ebay から安く仕入れ、

日本の Amazon やフリマアプリ上で販売するものです。

 

■無在庫販売

文字通り在庫を持たずに商品を販売する手法です。

手元に商品がない状態で出品し、

注文が入ったら仕入れを行うので在庫リスクがありません。

 

そのため、大量に商品を出品でき販売の チャンスは増えますが、

他の出品者も同様の手法で販売しているケースが多いので価格競争に陥りやすいです。

 

2に分類されるビジネス

■アフィリエイト

企業や他人の商品を紹介して、

その紹介により誰かが購入すると報酬がもらえるビジネスです。

要は成果報酬 型の広告代理店ですね。

 

■コンサルティング

顧客の状況を改善するための相談に乗る、 解決策を提案するビジネスです。

自分の持つ知識・経験が問われる 応用的なものです。

 

■情報商材の販売

自分の知識やノウハウを体系化してネット 上で販売するビジネスを言います。

コンサルティング同様、自分の 培ってきたものが試される応用的なビジネスです。

 

以上が主なネットビジネスの概略です。

 

これ以降もたびたび出てきますので頭に留めておいてください。

 

こうして考えていくと、

2のビジネスよりも 1 のビジネスの方が 簡単と思いませんでしょうか。

2 から取り組むのはハードルが高いのでお勧めしません。

 

しかし、 2 のビジネスは在庫を持つ必要がありませんし、

1 のビジネ スモデ ルよりもかなり利益率がいいです。

 

1 に関しては頑張っても平均で利益率が 30%行くのが一杯でありますが、

一方で 2 のビジネスモデルに関しては、利益率 80%とかざらにあります。

 

上記のように考えると、

2のサービスを売るモデルがかなり魅力的に映りますよね。

 

そこで多くのネットビジネス初心者の方が参入し

多くの方が稼げずに終わってしまうのが現状です。

 

それをわからず、

「全然稼げない」、「詐欺」と言われる方がいらっしゃいます。

稼げないのは商材やサービスではありません。

中には本当に詐欺の ような商材もあるのは事実です。

 

例えば、「リスクなし、簡単に稼げます」とあり蓋を開けてみれば

 競馬場に行って、落ちている馬券を拾い、

もしかしたら当たっているかもしれない(笑)

そういったものが何年か前にはあったようです。

 

しかし、そのよう なものはなくなり、

年々商材のクォリティは上がっています。

 

そういった詐欺的なものは一部であって

大部分のやり方をきちんと実行できれば

金額の大きい小さいは別として稼ぐことができます。

 

では、なぜ稼げる人と稼げない人が生まれてしまうのでしょうか。

私が思うには3つ要因があると思います。

 

1.環境

2.本人のやる気

3.取り組むべき順番

 

まず、「環境」についてですが、

周りに話し合える環境があるかどう かということです。

自分 1 人でやっていても、やはり躓くことは必ずあります。

 

その 際に悩みや相談できる相手がいると

スムーズに進めていくことができます。

 

また、周りに仲間がいることでモチベーションが上がります。

情報を共有をすることができ、

自分が知りえなかったことを得れるなどビジネスの拡大につながります。

 

次に、「本人のやる気」ですが、

どんなに稼げるノウハウ、情報、環境があったとしても

本人が行動しなければ当然稼げるようにはなりませんよね。

 

そして最後に「取り組むべき順番」です。

 

すでに、チームに入られている方がこちらをご覧になっていると思います。

また、やる気に関してもこちらの章では割愛します。

 

この教材では、

「取り組むべき順番」についてフォーカスをしお伝えしていきます。

 

2,多くの参入者がなぜ上手くいかないのか

さて、考えてみましたか?

解答らしきものは見つかりました?

 

答えは・・・

 

 

答えは『順番』です。

稼げない人は『取り組む順番』を間違えています。

 

現在稼げていない人の多くは

自分のレベルに合っていないモノに取り組んでいます。

 

ゲームで言えば、スタートしたばかりで

レベル 1 なのに レベル 10 や20のステージにいるのです。

 

当然、苦戦しますし 最悪ゲームオーバーですよね。

そうやって壁にぶつかると次のノウハウを探します。

しかし、 次のノウハウもレベルに合っておらず壁にぶつかる、

そしてまた次のノウハウを・・・以下この繰り返しです。

 

こうやって 失敗し続けます。

 

たとえば、アフィリエイトをやってみるとします。

アフィリエイトで稼ぐには商品を紹介する自分の媒体が必要になります。

ブログやメールマガジンなどですね、

 

そこで

1、教材を購入して媒体の作り方を勉強します。

2、勉強して作ったブログ等で商品を売り始めます。

3、商品が全く売れません。

4、ネットなどで調べながら原因を考えます。

5、誰かが「コピーライティングという文章スキルを知らないからだよ」 と囁きます。

6、「なるほど、コピーライティングがなかったからダメだったんだ」

とコピーライティングの教材を購入します。

7、勉強して売れる文章を一生懸命書きます。

8、一向に売れません。

9、次に、他の教材をまた買って・・・・

10、最終的にはマインドのセミナーや教材を買って

始めたころに戻るという流れになってしまいます。

 

要するに、難しいことから始めては

失敗する確率がかなり高いとい うことです。

 

初心者には初心者なりの取り組むべきビジネスモデル があります。

 

しかし、それを教えず巧妙に遠回りをさせながら

次の教材を購入さ せていくのも事実。

 

・・・

 

恐ろしいですよね、

罠にはまっていることに気付かず

誰もそのことを教えてくれないんですから。

 

ただ、抜け出す方法はちゃんとあります。

先ほども言ったように

自分のレベルに合ったビジネスから取り組めばいいんです。

 

そうすれば、ネットビジネスの罠から抜け出し

ノウハウコレクター を卒業できます。

 

「じゃあビジネスのレベルって?」

「何からやればいいの?」

 

次はそ のことについて考えてみましょう。

 

3,稼ぐための最短の道のりとは

前項では「レベルに合ったビジネスから始めよう」という話をしました。

 

「簡単なモノから始めて徐々に難易度の高いモノに挑戦していく」

これこそが最速で稼ぐための基本です。

 

では、簡単なモノとは一体なんなのか?

難しいモノとは?

 

はい、簡単 なモノとはズバリ『せどり』です。

 

『せどり』があらゆるネットビジネスの中で最も簡単に稼げます!

 

ですから、初心者の方は必ずせどりから始めるようにしてくださいね。

 

せどりより難しいモノ、

多くの方が順番を間違って始めてしまうモノ となると

「アフィリエイト」「情報販売」「FX」「株式投資」が挙げられます。

 

これらはせどりよりもラクに大きく稼げるように宣伝されるので、

ついつい食指を動かしてしまいます。

 

たしかに、これらのビジネスは

せどりよりも少ない労力・コストで 莫大な利益を得られます。

 

しかし、それには前提条件があります。

 

自分の軸、立ち位置つまりは

稼いだという実績がなければならないのです。

 

その実績がないのに

アフィリエイトや情報販売を始めるから苦戦してしまうのです。

 

まずは『せどり』でしっかり稼ぎ、

自分の軸を作っ てから上のステ-ジにいきましょう。

 

以下がネットビジネスを進めるうえで理想的な順番です。

 

1.不用品を販売する

2.転売ビジネス

3.情報発信

4.コンテンツ販売

 

*1,3,4 については後の項で説明します。

 

さて、「せどりが最も簡単だ」「これから始めろ」と言いました。

 

しかし、『せどり』内にもレベルがあります。

 

「せどりをやっているのに全然稼げないっ」

という方は せどり の中でも難しいモノに取り組んでいる可能性が大です。

 

せどりをレベルごとに分けると以下のようになります。

 

必ず難易 度の低い【国内仕入⇒国内販売】から取り組んでください。

 

難易度:低

【国内仕入(ネット)⇒国内販売(ネット)】

例 メルカリ仕入⇒Amazon・ヤフオク販売

【国内仕入(実店舗)⇒国内販売(ネット)】

例 ドンキホーテ仕入⇒Amazon・メルカリ販売

 

難易度:中

【海外仕入(ネット)⇒国内販売(ネット)】

いわゆる輸入販売ですね。

国外が絡むと難易度は上がってきます。

 

例 アリババ・タオバオ仕入⇒メルカリ販売

バイマ仕入⇒Amazon 販売

*『アリババ』『タオバオ』とは

主に中国製品を扱っている Amazon のようなショッピングサイトです。

 

『バイマ』とは海外在住の日本人バイヤーから

現地ブランドを購入することができるサイトです。

(日本在住の方が出品している場合もありますが)

 

難易度:高

【国内仕入⇒国外販売】

輸出はせどり・転売の中でも最もレベルの高い分野です。

初心者は手を出さ ないように

例 Amazon(日本)仕入⇒Amazon(米国)販売 カメラ店(実店舗)仕入⇒ebay 販売 *ebay は海外のオークションサイトです。

ヤフオクの海外版と考えていた だければ問題ありません。

 

【国外仕入⇒国外販売】

例 アリババ仕入⇒Amazon(米国)販売

 

4,せどり・転売が一番オススメな理由では、

なぜ『せどり』が最も簡単だと断言できるのか、

その理由を説 明します。

 

モデルは【国内仕入⇒Amazon 販売】です。

 

やるべき 4 つの理由

① 即日でも稼ぎ始めることができるせどり以外のネットビジネスで、

始めたその日に稼げるイメージが わきますか?

せどりなら仕 入れさえすればその日に売ることができます。

 

自分が稼いでいるイメージがわきやすいですよね。

初心者の方はこの稼ぐイメージを持てることがビジネスを進めていくうえで重要な役割を果たします。

 

「自分は出来ないんじゃないか」

というネガティブな状態になりませんからね。

 

② 集客をする必要がない

Amazon という強力なプラットフォームを利用するので

商品を 置いておくだけでお客さんが集まってきます。

 

集客は資金があれば何とかなりますが、

ない場合は難易度が相当高くなるので

集客の有無は重要なポイントになります。

ブログ 1000 個作れなんて無茶ですよね。

 

③ 面倒な作業を省ける

インフラ Amazon の FBA(フルフィルメントバイアマゾン)を利用すれば

面倒 な商品の管理、発送、集金、顧客対応まで行ってくれます。

 

④ 現金がなくても OK

クレジットカードで仕入れれば支払いは 2か月後です。

しかし Amazonで販売した場合は

2 週間で売上金が手元に入ってきすので

資金がなくても始められます。

 

以上が「『せどり』が最も簡単に稼げる」と断言する理由です。

 

ネットビジネスを始めてみようと思っている方、

今現在うまくいっ て いなくて悩んでいる方はぜひ参考にしてください。

 

きちんとしたステップを踏めば

ネットビジネスは大きな恩恵をもたらしてくれます。

 

焦らず一歩ずつ進んでいきましょう!

 

5,その前に不用品販売さて、

これまでの説明で『せどり』から始めればいいんだ

ということ は分かりましたよね。

 

ではさっそく!といきたいところですが、

その前に不用品販売を 行ってみましょう。

 

仕入れの資金になりますし、

なにより「モノを売る」という経験ができます。

 

不用品ですからノーリスクですしね。

 

本格的に始める前 に少しだけレベル上げをしておきましょう。

 

まずは売るですが、これは何でもいいです。

読み終わった本、着な くなった服、飽きたゲーム、壊れた携帯  

自分にとってはいらないモノでも

他の人にとっては必要なモノ欲しいモノというのはよくあることです。

 

思わぬ高さで売れることもあ ります。

 

次に売る場所ですが、

基本は Amazon、ヤフーオークション、

メルカリなどのフリマアプリ上の 3つが考えられます。

 

この中ではフリマアプリに出品するのが最も楽ですので、

迷った らメルカリ等に出品するのがいいですね。

 

値段設定については

オークファンなどの相場を知ることができるサイトを参考に決めましょう。

(価格設定、相場サイトの使い方については別章で)

 

お金は二の次、「売れたらラッキー」感覚で

どんどん出品して経験値 を稼ぎましょう!

 

6,実績を出したらアフィリエイト

「アフィリエイト」とは

自身のブログやメールマガジンで商品・サービスを紹介し、

その成果に応じて広告料を得るというビジネスです。

要は広告ですね。

 

たとえば、あなたがブログ上である化粧品の紹介をします。

ブログにはあらかじめ広告主のweb サイトなどへのリンクが貼ってあり、

閲覧者がそのリンクを経由して商品を購入するなど一定の成果があると報酬が支払われます。

 

メリットには次のようなものがあります。

 

・働く場所や時間は自由 ・金銭的リスクが非常に低い

・自分で商品を作らなくていい ・収入の上限がない

・いったん仕組みを作れば放置していても収入が発生する

 

アフィリエイトは基本的にネット上ですべての作業が完結します。 で すから、パソコンとネット環境があれば場所・時間を問わず 仕事 をすることができます。

 

店舗を構える必要はありませんし、商品を作ったり在庫を持つ必要 も ありません。

必要なのは PC とネット環境ぐらいですので金銭的負担はかなり低 いです。

 

また、せどりは肉体的、時間的制限がありますが、 アフィリエイ トの場合はそれらの制限がないので記事を読んでくれ る方が増えれ ば収入が爆発的に増えることもあります。

 

さらに、一度作ったブログやメルマガに人が集まる限り、収入が発 生 します。

 

アフィリエイトで扱う商品には本、サプリ、健康グッズ、家電、 情 報商材など様々なモノがありますが、せどりで実績を出している な ら「せどりに関する情報商材」を販売するのがいいでしょう。

 

実際に自分でやってきたことなので商品の良し悪しが分かりますし、 購入者にとっても「実績のある人が言っているんだから」と信頼感 を与えることができます。

 

せどりで成果を出したらぜひ、挑戦してみてください!

 

7,自分のサービスを販売する

 

ここまで来たら、あなたはもう一人前のネットビジネスプレイヤー で す。 自分のサービスを販売することはそれまであなたが行ってきたこ と の集大成になります。

 

サービスの販売には「情報商材」「塾」「コンサルティング」などが あります。

 

情報商材の販売とは自分の持つ情報、たとえば「ダイエット方法」

「FX の勝ち方」「転売で稼ぐ秘訣」などを販売するビジネスです。 コンサルティングや塾は自分の知識、経験を基に指導することで 顧 客をより稼がせようというモノです。顧客に対するコミットメン ト が商材販売よりも強いですし自らのコミュニティを作ることがで き ます。 優秀な人が集まれば、そこからさらにビジネスを拡大してい くこと も可能です。

 

自分のサービスは自分が今まで培ってきたことがベースになります。 ですから、実績がなければ見向きもされません。

 

そもそも、成果を出していないのに実践すべき価値ある情報が提供 で きるわけはないのですから、売れたとしても一瞬だけ、継続性は あり ません。

 

だから、せどりでしっかりと実績を積んでから取り組むべきビジネ ス と言えます。

 

さらに、実績を出すと他の成功者の方と知り合う機会が増えます。 で すので、その方たちと情報をシェアしたり自分の商品を宣伝して もら うことも容易になります。こうなるとビジネスは一気に加速し ます!

 

8,最後に

 

さて、これまで話で「正しい順番でビジネスを進めること」

「基礎固め」の重要性は分かっていただけましたか?

 

しつこいようですが最後にもう一度、 ネットビ ジネスの 4 ステップ

 

1.不用品を販売する

2.転売ビジネス

3.情報発信

4.コンテンツ販売 で進めるべき理由について説明します。

 

 1、集客の難易度のバランスがいい この4つのビジネスを見た時 に、 1から4に進むに連れて集客の難易度が上がります。

 

1の段階ではヤフオクで不要品を売るだけなので、 集客に関するテ クニックは不要です。

 

それにも関わらず、インターネットから数万円、 場合によっては 10万円以上を得る事が可能です。

 

2の段階に関しても Amazon や BUYMA など も ともと人が集まっている所を利用します。

 

ですから、集客にはそんなに苦労しません。 ただし、不要品を売る よりはちょっと難しくなります。

このような感じで徐々に難易度が上がるので、 自然と収入を伸ばしながら集客も身に付くようになっているのです。

 

 2、セールスの難易度のバランスがいい

 

この4つのビジネスを見ると 1、2は目に見える物品、3、4は デジタルコンテンツを販売して います。

 

デジタルコンテンツを売るよりも、 簡単に価値のわかる物品を売 る方が簡単です。 売っているモノが最新の「iPhone」だったらど れくらいの価値があ るかはすぐに分かりますが、「私の情熱指導」 だったら一体いくらの 価値があるかさっぱりですよね。

 

しかし、デジタルコンテンツのように無形商品の方が 利益率は圧倒的 に高くなります。

 

もう少し具体的に説明しますと 一般的な商品で言えば「保険」「教 育」「セキュリティ」 などが無形商品・デジタルコンテンツに当た ります。

 

これらを売るのは洋服のように形ある物より難しくなるのは想像が つ きますよね。

 

しかしながら、保険のセールスマンなどは かなりの高級取りで年収 1千万円プレイヤーがたくさんいます。

 

高給の秘密は商品の原価にあります。 デジタルコンテンツは、い くら売ったとしても原価はゼロです。

売れば売っただけ儲かっていきます。

 

通常デジタルコンテンツを売るためには 高度なスキルを必要とし ます。

 

ですが、このゴールデンルールをたどると、 そのスキルも勝手に身に 付いているのです。

 

 3、知識・経験の蓄積ができる

 

よく、メールマガジンが重要だという話を聞くと思います。 しか し初心者がいきなりメールマガジンを発行してもうまくいきま せ ん。

書くこと、書くべきことが無いからです。

 

メールマガジンの読者は何を欲しているでしょうか?

 

それは、自分がビジネスに取り組む際に 役に立つような情報を欲 しているのです。

そのためにメールマガジンを読んでいるんですね。

 

ゴールデンルールをたどったあなたは、 3の情報発信のステップで は既に1、2の経験値があります。

不要品販売で稼ぐ知識も転売ビジネスで稼ぐ知識もあります。

 

ですから、あなたはこれからビジネスで結果を出したい人が 欲し ている情報をいくらでも持っているのです。

 

さらに、メールマガジンを発行してファンがついて稼ぎ始めて 4のコ ンテンツ販売に進んだ時には

「情報発信で稼ぐノウハウ」も蓄積されているのです。

 

 

何度も言ってきたように、最も簡単な『せどり』で「稼げる・稼いだ」 という軸を作ればそれをベースにアフィリエイト、メルマガ、 情報販 売等でも稼げるようになります。

 

現在のレベルを見極め、着実にステップアップしていきましょう!

The following two tabs change content below.
阿部悠人(あべゆうと)

大学3年の就職活動真っ只中、経営者に影響を受け起業を決意。
当時面接まで進んでいた会社には断りの電話を入れ起業に集中する。本の影響からアフリカでの中古車輸出ビジネスを展開を考えたが資金力不足から断念。そこからヤフオクの不要品販売を始める。
そこで長く使われた「ウマの被り物」が429円で商品が一つ売れた
売れた時の衝撃的な喜びと感動を受けひたすら転売ビジネスに没頭する。

その後、様々な転売を経験し当時はまだ無名のフリマアプリ「メルカリ」に目を付ける。メルカリの転売方法を開発する。その結果半年後には月商450万、月利益120万を叩き出す。その後、当時まだ存在しなかった日本初メルカリ転売ビジネス塾をスタートさせる。たくさんの実績者を輩出し今、現在もコンサルタントとして活躍する。

公式メールマガジン購読者10000人、LINE@登録数4000人とネットビジネス業界では異例な有数読者を確保している。自身のブログは月間平均45万PV、月間訪問ユーザーは15万人を超えるプロブロガーとしても活躍してる。2016年6月には本を出版「月に30万稼ぐメルカリ転売」Amazonベストセラー1位を達成。

阿部悠人の公式メールマガジンはこちらから