皆さんこんにちは、阿部です。
今回はラインモールの

チャンスプライスについて解説していきます。

 

今、メルカリ、フリル、ラインモールなど

テレビCMをやっており

フリマアプリが盛り上がっていますよね。

 

その中でラインモールのチャンスプライスが

かなり面白い仕組みだったので取り上げさせて頂きました。

 

チャンスプライスというのは

どれだけ低い金額で、

誰もつけない金額を当てるゲームです。

 

例えば、iPad

597円でエントリーします。

 

この金額よりも、低い金額がなくて、

尚且つ誰も597円をつけなければ

iPad Air 2をたった597円で買う権利が与えられます。

 

 

今までには、ボルネオ島旅行チケット、炊飯器など様々な商品が出されていて、

定価で六万円以上の商品が出てますね。

 

だいたい、15-20分の一で商品が買えてしまいます。

 

1日に1回開催され、

9万人もの人が参加します。

 

10時にエントリーが始まり

20時で締め切り、結果がすぐ発表。

 

ということは、

20時前後に結果を見るため多くの人がアクセスする訳です。
10分の1の人がアクセスしたとしても

9000人もラインモールを見るんですよ。

 

つまり、

チャンスプライスの結果を見るために

来た人たちが他に何か良い商品ないかなと

探っていくんですね。

 

商品がよく売れるようになります。

 

チャンスプライスの商品は常に注目の一番上に出るわけですが、

その周辺に表示されたらヤバイですね。

 

注目の欄に表示されるのは

事務局がランダムで選んだ商品です。

 

写真が白背景で綺麗に取ると、

選ばれやすいです。

一眼レフなど高価な物ではなく、

ご自身が使っているスマホで十分です。

 

明るいところで、

写真ブレなどないように

しっかりと撮れば大丈夫です。

 

評価がゼロでも選ばれますので、

綺麗に撮ることを心掛けましょう。

 

そこが無理でも、

各カテゴリにもチャンスがあります。

 

20時前後に多くの方に目がつきやすいように

19時頃から商品を出品すればいいですよね。

 

これは効果がありますので、

是非挑戦してください。

 

 

The following two tabs change content below.
阿部悠人(あべゆうと)

大学3年の就職活動真っ只中、経営者に影響を受け起業を決意。
当時面接まで進んでいた会社には断りの電話を入れ起業に集中する。本の影響からアフリカでの中古車輸出ビジネスを展開を考えたが資金力不足から断念。そこからヤフオクの不要品販売を始める。
そこで長く使われた「ウマの被り物」が429円で商品が一つ売れた
売れた時の衝撃的な喜びと感動を受けひたすら転売ビジネスに没頭する。

その後、様々な転売を経験し当時はまだ無名のフリマアプリ「メルカリ」に目を付ける。メルカリの転売方法を開発する。その結果半年後には月商450万、月利益120万を叩き出す。その後、当時まだ存在しなかった日本初メルカリ転売ビジネス塾をスタートさせる。たくさんの実績者を輩出し今、現在もコンサルタントとして活躍する。

公式メールマガジン購読者10000人、LINE@登録数4000人とネットビジネス業界では異例な有数読者を確保している。自身のブログは月間平均45万PV、月間訪問ユーザーは15万人を超えるプロブロガーとしても活躍してる。2016年6月には本を出版「月に30万稼ぐメルカリ転売」Amazonベストセラー1位を達成。

阿部悠人の公式メールマガジンはこちらから