こんにちは、阿部です。

 

最近はアカウント停止に関することをよく聞きます。

 

これは、プラットフォームで商売をする以上、

規約、規則等に違反してしまうと当然のことです。

 

メルカリでもちらほら聞かれますし、
最近ではアマゾンで一斉調査で停止になった方も多いと思います。

 

その際に商品を販売できず在庫が残ったまま

そしてお金も入ってこないので大変なことですよね。

 

そこであらかじめ販路の特徴やルールなどを理解していれば

回避できますのでその点しっかりと学んでいきましょう。

 

今回はメルカリでのアカウントリスク対策についてシェアいたします。

 

メルカリですが一般のユーザーが右肩上がりで増えており

かなり稼ぎやすい市場であることは実践されている方であればわかるかと思います。

 

 

 

ただ、メルカリ自体業者を好んではおらず対応が厳しいため注意が必要です。

 

そこでどういった場合に停止になり

どんな対策を打てばいいのかということですが、

 

・偽物を取り扱っている

・手元に商品がないことがバレる

・複数アカウント所持の発覚

 

などなどあるのですが、

 

一番起こりうるアカウント停止の理由は

”短期間での大量出品によるスパム判定を受けることです。”

 

 

スパム判定が一番基準がわかりずらく

え、停止になるの??と思うところですが、

 

これに対する対策を取っておけば
アカウントの安全性は大方大丈夫です。

 

メルカリでは、
出品すると一番上に表示される仕組みとなっており

1人に大量に出品されると大変なことになるということで
このような対策をとっている感じです。

 

そしてこれに対する対策ですが、
まずは1日の出品数、短い時間での大量出品を避けること。

 

目安としては今現在で多くても1日100出品までです。

 

50品程度であればかなり安全と言えるでしょう。

 

 

ただ100以上でもいけることもありますが

リスクが高くなりますのでその点も考えつつご検討ください。

 

また、かなり出品しているけど全然止まらない人がいたりして

一概に1日○○であれば止まらない

とは言えないある意味運要素も含まれています。

 

新しいプラットフォームということもあり

不安定ですが出品数、出品間隔について考えてみてください。

 

アカウントが停止になる際に警告が来るのですが、

その中には重複出品というのがスパム行為と並べて文章で送られてきます。

 

ただ重複出品については
出品数に比べるとそこまで大きな要因ではないというのが私の見解です。

 

現状同じ商品が複数出品されたままでも大丈夫であることが多いので
余裕があれば程度でこまめに削除することをお勧めいたします。

 

アカウント停止にならないようにし
ガンガン販売していきましょう。

 

本日は以上です。
最後までお読みいただきありがとうございます。

 

 

 

The following two tabs change content below.
阿部悠人(あべゆうと)

大学3年の就職活動真っ只中、経営者に影響を受け起業を決意。
当時面接まで進んでいた会社には断りの電話を入れ起業に集中する。本の影響からアフリカでの中古車輸出ビジネスを展開を考えたが資金力不足から断念。そこからヤフオクの不要品販売を始める。
そこで長く使われた「ウマの被り物」が429円で商品が一つ売れた
売れた時の衝撃的な喜びと感動を受けひたすら転売ビジネスに没頭する。

その後、様々な転売を経験し当時はまだ無名のフリマアプリ「メルカリ」に目を付ける。メルカリの転売方法を開発する。その結果半年後には月商450万、月利益120万を叩き出す。その後、当時まだ存在しなかった日本初メルカリ転売ビジネス塾をスタートさせる。たくさんの実績者を輩出し今、現在もコンサルタントとして活躍する。

公式メールマガジン購読者10000人、LINE@登録数4000人とネットビジネス業界では異例な有数読者を確保している。自身のブログは月間平均45万PV、月間訪問ユーザーは15万人を超えるプロブロガーとしても活躍してる。2016年6月には本を出版「月に30万稼ぐメルカリ転売」Amazonベストセラー1位を達成。

阿部悠人の公式メールマガジンはこちらから