kei-10

 

こんにちは!
フリマアプリの阿部悠人です。

またもやメルカリのスクールの募集が始まっておりました。

フリマアプリにかなり注目が浴びておりますね!

みなさんもご存じのとおり
メルカリは今時点で2000万人のユーザーがいます。

2013年7月にリリースされて、まだ、2年しか経っておりません。

Watch01よく転売業界において
活用されるのがヤフオクとアマゾン

ヤフオクに関しては1999年
アマゾンに関しては2000年

と2強に比べまだまだ歴史が浅いです。

 

何が言えるかといいますと、
それらの媒体に比べ圧倒的に稼ぎやすい状況となっております。

ユーザーそのものは増えているけれど
それはフリマアプリで「稼ぎ方の情報」が出回っていない
まだほかのライバルが気づいていない

つまり、
伸び盛りのライバルが少ない市場でやればやるほど稼げるわけです。

そんなこともあり、
メルカリをはじめ、フリマアプリにはかなり注目されています。

 
そこで

・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。

よくご質問でいただく
 
「フリマアプリでの稼ぎ方」
 
について

・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。

なのですが、

フリマビジネスの
基本的な稼ぎ方は3つあります。
私の方では王道の3STEPと呼んでいます。

■ 王道の3STEP

1、不用品販売

2、フリマ仕入れ(国内転売)

3、フリマ販売(中国輸入)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

1、不用品販売

1から順番に
難易度が上がっていくのですが、
フリマアプリで稼ぎたいと思っている方は

それぞれを順番に取り組んでいってください。

 

2、3、フリマ仕入れ(国内転売)&フリマ販売(中国輸入)

さて、今回は「2番の国内転売」と「3番の中国輸入」を組み合わせた

フリマアプリでの無在庫販売についてシェアしていきます。

無在庫転売に関しては、
基本的にはマーケティングとして活用していきます。

何かといいますと
実際に販売してみて「反応がいい!」「かなり売れる!」とわかれば

在庫を持っていくと市場調査目的で使うとかなりいいですね。

今回は中国輸入として、実際に中国から仕入れる前の練習として
Amazonに販売されている中国商品を

メルカリで無在庫販売していくというものです。

 

amazonに出品されている商品で「ねらい目」なのは、、

ねらい目-01

・中国商品

・1000円以下の商品

上記の2点を踏まえて考えていきます。

 

それらの商品を
メルカリなどのフリマアプリで
1000円前半から2980円の間で値付けをして販売していく
感じです。
私が見つけたアクセサリーなんかは
200円で出品されている商品をメルカリで1980円程度でガンガン販売しています。
 
 
考えていただきたいのは、
メインに「値崩れした中国商品」を扱っていくわけですね。
もともとは中国輸入というのは

「アマゾンで販売するというのがかなり稼げて主流」だったんですね。

 
なぜかといいますと
FBAと呼ばれる
アマゾンが商品の梱包と発送をすべて行ってくれるサービス
があるのですが
そちらを活用すると薄利多売でもガンガン稼ぐことができたわけです。
 
 
さらに、商品を中国からAmazonに納品さえすれば
自動的に商品が売れていき売上が上がってくるわけですね。
 
 
そういったこともあり、ガンガン取り組む人も増えたわけですね。
そうなると当然ながら価格競争も働きます。
さらにアマゾンは1商品1カタログ
つまり、同じ商品は同じ商品ページに出品しないといけないため
同じ中国サイトから仕入れてアマゾンで販売するとなると
基本価格でしか勝負するしかなくなるため
さらに鬼のような価格競争に、、、、
 
 
そういったわけで
amazonで販売されている中国商品は安いものが多いわけなんですね。
 
 
一方でメルカリをはじめとしたフリマアプリはどうかといいますと

まだまだ参入される方も少なく
また、商品ページは1個1個作成しないといけないため

・画像、説明文など工夫する

・タイミングをずらすなど行うことにより

比較的価格競争になりにくい状況となっております。
 
 
そこで、Amazonよりもメルカリのほうが高く売れるということとなり今回ご紹介する無在庫転売も成り立ちます。
 

その辺の転売業界の流れ、主流などをより深く知りたい方は
個別コンサルティングをお申し込みください。

 

で、具体的なやり方ですが、

・中国商品

・1000円以下の商品

こちらの条件をもとに「商品を検索」し、「ある商品をかたっぱしから出品」していくということになります。

あるいは、「カテゴリーを絞る」売れそうな商品を選定して出品していきます。

やり方について詳しく動画で解説しておりますので、ご覧いただければと思います。

本日は以上です。
最後までご覧いただきありがとうございます。

 

kei-10

 

★メルマガ登録プレゼント企画★


こちらよりメルマガに登録頂けると今なら

「メルカリ転売の教科書」プレゼント!

さ・ら・に


登録後メッセージいただけた方には

「メルカリ転売動画」
も無料で提供中!!

 

メルマガ登録は画像を
↓クリック↓