こんにちは、阿部です。

 

転売の基本は
【安く仕入れて高く販売する】
のが基本でしたよね。

 

そこにおいて
どこで安く仕入れらえるか
どこで高く売れるかということを
考えなければなりません。

 

そこにおいて前回から紹介していた
無在庫販売においては、

価格競争でかなり値下がりした
Amazonの中国商品を
ライバルの少ないメルカリの方が
高く売れることから成り立つということでしたよね。

 

メルカリなどのフリマアプリで販売していくにあたり、

 

基本的には中国から
商品を仕入れるのがお勧めです。

 

なぜなら一番安い工場に近いところから仕入れたほうが値段が安いですし、質も高くなります。

 

ただ、まだ転売を始めて間もない海外から仕入れるのは不安

と追われている方は

まず経験を積むという意味で
値落ちしているamazonから仕入れるのも1つの方法です。

 

ただ、実際にどの商品がいいかわからない
と質問も多くいただいていますので、
例を紹介していきます。

 

例えば、
スマートフォン3脚フォルダ
という商品があるのですが、

http://goo.gl/3fGPh6

なんと仕入れ値は82円ですw
しかも送料込みですね。

これがメルカリでいくらかといいますと
600円で販売されていますよね。
http://goo.gl/GWOJ6b

 

つまりメルカリで600円で販売して
売れたらamazonから買い付けて
発送先の住所を購入者のところに設定すれば

 

在庫を持たず400円稼ぐことができます。

ただ、利幅はすくないので
物足りないと感じるかもしれませんが、

冒頭でもお話しした通り
ノーリスクで、
・経験を積む
・転売の感覚をつかむ

と考えると
やってみる価値はあると思います。

慣れてきたら、
さらにamazonよりも安い中国から仕入れていく
という流れに持っていくのです。

 

ただ今回の商品については
中国よりもアマゾンの方が安い可能性はありますが、

(国際送料も考えると)

「安定して仕入れられる」
という面では中国からの方がお勧めです。

 

どうしてもアマゾン仕入れになってしまうと
価格競争で値下げされている商品なので
出品者が儲かっていない可能性が高いです。

 

そうなりますと
今後販売しなくなる可能性もありますからね。

是非初めの一歩踏み出すということを取り組んでください。

 

The following two tabs change content below.
阿部悠人(あべゆうと)

大学3年の就職活動真っ只中、経営者に影響を受け起業を決意。
当時面接まで進んでいた会社には断りの電話を入れ起業に集中する。本の影響からアフリカでの中古車輸出ビジネスを展開を考えたが資金力不足から断念。そこからヤフオクの不要品販売を始める。
そこで長く使われた「ウマの被り物」が429円で商品が一つ売れた
売れた時の衝撃的な喜びと感動を受けひたすら転売ビジネスに没頭する。

その後、様々な転売を経験し当時はまだ無名のフリマアプリ「メルカリ」に目を付ける。メルカリの転売方法を開発する。その結果半年後には月商450万、月利益120万を叩き出す。その後、当時まだ存在しなかった日本初メルカリ転売ビジネス塾をスタートさせる。たくさんの実績者を輩出し今、現在もコンサルタントとして活躍する。

公式メールマガジン購読者10000人、LINE@登録数4000人とネットビジネス業界では異例な有数読者を確保している。自身のブログは月間平均45万PV、月間訪問ユーザーは15万人を超えるプロブロガーとしても活躍してる。2016年6月には本を出版「月に30万稼ぐメルカリ転売」Amazonベストセラー1位を達成。

阿部悠人の公式メールマガジンはこちらから