kei-10

こんにちは。

阿部です。

 

前回は、【国内転売】についてお話していきました。

http://fripro.jp/mercari/book-kokunaitenbai/

 

”転売”の方程式で考えると 転売-03

1,安く仕入れる場所

2,高く売れる場所

3,扱う商品

 これで成り立つわけですが

 

 メルカリ転売入門の国内転売編では 

転売-01

1,Amazon、netsea

2,メルカリ

3,ノーブランド品(無名メーカー)

 上記を推奨しております。

 

『まずは簡単なことから』

ということで国内転売に取り組むわけですが 

 

ここで月利10万以上、稼げるようになりましたら

 次のステップ

”中国輸入”へ取り組んでいきます。

転売-04

というのも

国内転売で仕入れ先として活用していた

Amazonやnetseaの仕入れ先は

もとはといえば「中国」となります。

 

つ・ま・り!

「国内から仕入れる」よりも「中国から仕入れた方」が

圧倒的に安いのです。

 

 

 

中国輸入では「仕入れ先が中国サイト」

扱うものは「そのままでメルカリ」に販売していきます。

転売-02

 

そして、その中国サイト

・タオバオ  

・アリババ  

・aliexpress

・天猫・・・・

などなどたくさんあるわけですが基本的には2つのサイトを活用していきます

それが【aliexpress】【アリババ】です。

中国輸入で稼ぐ方は主にこの2つだけを使う方が多いですね。

 

それぞれの使い分けはと言いますと

【aliexpress】

少量仕入れ向きとして活用されています。

というのも、

このサイトは、『送料込みの値段で販売』されており

たかだか1点のみの購入でも、日本へ直送してくれます。

 

つまり、慣れる前のテスト仕入れとして数点仕入れるくらいであればオススメ!

 

【アリババ】

大量仕入れ向きとして活用されています。

それは

日本へ直送してくれず、代行会社を通して仕入れる必要があるから。

  

しかも、代行会社から日本へ発送してくれるのですが「EMS」や「OCS」という配送方法となり

1個づつ送ると、送料が割高になります。

 

ただ、アリババは『商品の値段が各中国サイトの中で一番安い』ので

多めに仕入れるのでありましたらオススメ!

 ========================

 

その他にも

『 中国輸入を始めるにあたって学んでおきたい』

・リサーチ方法

本-03

・aliexpress、アリババの使い方

・商品の選定方法

・中国輸入での注意点

・お勧めの代行会社

 など、様々な内容が

書籍【月に30万円稼ぐための メルカリ転売入門】 には詰まっています!

また、特典動画としても解説しております。

 

ぜひ、この書籍

『月に30万円稼ぐための メルカリ転売入門』

を手にしていただき、実践されてくださいね!

 

 

ご購入はこちらから

 

kei-10

 

The following two tabs change content below.
阿部悠人(あべゆうと)

大学3年の就職活動真っ只中、経営者に影響を受け起業を決意。
当時面接まで進んでいた会社には断りの電話を入れ起業に集中する。本の影響からアフリカでの中古車輸出ビジネスを展開を考えたが資金力不足から断念。そこからヤフオクの不要品販売を始める。
そこで長く使われた「ウマの被り物」が429円で商品が一つ売れた
売れた時の衝撃的な喜びと感動を受けひたすら転売ビジネスに没頭する。

その後、様々な転売を経験し当時はまだ無名のフリマアプリ「メルカリ」に目を付ける。メルカリの転売方法を開発する。その結果半年後には月商450万、月利益120万を叩き出す。その後、当時まだ存在しなかった日本初メルカリ転売ビジネス塾をスタートさせる。たくさんの実績者を輩出し今、現在もコンサルタントとして活躍する。

公式メールマガジン購読者10000人、LINE@登録数4000人とネットビジネス業界では異例な有数読者を確保している。自身のブログは月間平均45万PV、月間訪問ユーザーは15万人を超えるプロブロガーとしても活躍してる。2016年6月には本を出版「月に30万稼ぐメルカリ転売」Amazonベストセラー1位を達成。

阿部悠人の公式メールマガジンはこちらから