kei-10

こんにちは。

阿部です。

 

前回は、【国内転売】についてお話していきました。

http://fripro.jp/mercari/book-kokunaitenbai/

 

”転売”の方程式で考えると 転売-03

1,安く仕入れる場所

2,高く売れる場所

3,扱う商品

 これで成り立つわけですが

 

 メルカリ転売入門の国内転売編では 

転売-01

1,Amazon、netsea

2,メルカリ

3,ノーブランド品(無名メーカー)

 上記を推奨しております。

 

『まずは簡単なことから』

ということで国内転売に取り組むわけですが 

 

ここで月利10万以上、稼げるようになりましたら

 次のステップ

”中国輸入”へ取り組んでいきます。

転売-04

というのも

国内転売で仕入れ先として活用していた

Amazonやnetseaの仕入れ先は

もとはといえば「中国」となります。

 

つ・ま・り!

「国内から仕入れる」よりも「中国から仕入れた方」が

圧倒的に安いのです。

 

 

 

中国輸入では「仕入れ先が中国サイト」

扱うものは「そのままでメルカリ」に販売していきます。

転売-02

 

そして、その中国サイト

・タオバオ  

・アリババ  

・aliexpress

・天猫・・・・

などなどたくさんあるわけですが基本的には2つのサイトを活用していきます

それが【aliexpress】【アリババ】です。

中国輸入で稼ぐ方は主にこの2つだけを使う方が多いですね。

 

それぞれの使い分けはと言いますと

【aliexpress】

少量仕入れ向きとして活用されています。

というのも、

このサイトは、『送料込みの値段で販売』されており

たかだか1点のみの購入でも、日本へ直送してくれます。

 

つまり、慣れる前のテスト仕入れとして数点仕入れるくらいであればオススメ!

 

【アリババ】

大量仕入れ向きとして活用されています。

それは

日本へ直送してくれず、代行会社を通して仕入れる必要があるから。

  

しかも、代行会社から日本へ発送してくれるのですが「EMS」や「OCS」という配送方法となり

1個づつ送ると、送料が割高になります。

 

ただ、アリババは『商品の値段が各中国サイトの中で一番安い』ので

多めに仕入れるのでありましたらオススメ!

 ========================

 

その他にも

『 中国輸入を始めるにあたって学んでおきたい』

・リサーチ方法

本-03

・aliexpress、アリババの使い方

・商品の選定方法

・中国輸入での注意点

・お勧めの代行会社

 など、様々な内容が

書籍【月に30万円稼ぐための メルカリ転売入門】 には詰まっています!

また、特典動画としても解説しております。

 

ぜひ、この書籍

『月に30万円稼ぐための メルカリ転売入門』

を手にしていただき、実践されてくださいね!

 

 

ご購入はこちらから

 

kei-10

 

 

★メルマガ登録プレゼント企画★


こちらよりメルマガに登録頂けると今なら

「メルカリ転売の教科書」プレゼント!

さ・ら・に


登録後メッセージいただけた方には

「メルカリ転売動画」
も無料で提供中!!

 

メルマガ登録は画像を
↓クリック↓