皆さん、こんにちは。

 

友人が卒業旅行から帰って来て、

何やら海外のお土産話をしていて

自分も久しぶりにアジアに行きたいなあと思う今日

 

昨年は中国とインドに計3回海外に行きました。

 

中国では仕入れ、インドでは銀行の口座を作るため。

特にインドなんですが、食べ物が…口に合わない。

 

回りを見渡せばカレーばかりで、

日本のカレーのように美味しくはない。

 

6週間滞在していても結局は慣れなかったですね。

インドにある食べ物で身近にあり日本の味に近いものと言えば

「マクドナルド」のハンバーガー

ほぼ毎日のように通ってました。

 

トゥクトゥクと呼ばれる乗り物で行っていたのですが、

普通に「マクドナルド」と発音しても通じないんですよ。

 

日本人の言う「マクドナルド」は発音が違うらしいです。

さらにさらに、関東は「マック」ですが、関西は「マクド」と呼ぶそう。

 

1つのお店・物にしてもいろんな呼び方・愛称がありますよね。

他にもコンビニの「ミニストップ」は皆さんの地元ではなんて呼んでいますか?

mini

私はよく「ミニップ」と呼んでいましたが、

「ミニスト」、「ミニプ」と呼ぶ方も多いらしいですね。

 

さて、前置きが長くなってしまいましたが今回はメルカリでのコンビニ払いの方法

「ミニストップ」でどうやって商品代金をお支払いすればいいのかについてご紹介します。

 

 

普段はミニストップに行かないのですが、

この記事を書くためにわざわざお支払いに行ってきました(笑)

 

渋谷ですと井の頭線の出口の方にあります。

 

ミニストップにはLoppiと呼ばれる赤い機械があり

そちらを使ってバーコードが印刷されたお支払の紙を発行します。

ministop

 

上記の画像のように手順を踏んでいけば簡単にできます^^

①「各種番号をお持ちの方」を選択

②受付番号の入力、確認番号を入力します

→11ケタのお客様番号を取引連絡から手に入れてください。

③確認番号の入力(現在は電話番号は要りません)

→4ケタの確認番号を取引連絡から手に入れてください。

④お名前、代金の確認

⑤バーコード記載の紙が出てくるのでレジに持って行きます。

 

以上がミニストップでのコンビニ払いのやり方です。

通勤・通学の寄り道、お昼ご飯を買いに行くついでに試してみてくださいね!

 

 

 

 

 

 

The following two tabs change content below.
阿部悠人(あべゆうと)

大学3年の就職活動真っ只中、経営者に影響を受け起業を決意。
当時面接まで進んでいた会社には断りの電話を入れ起業に集中する。本の影響からアフリカでの中古車輸出ビジネスを展開を考えたが資金力不足から断念。そこからヤフオクの不要品販売を始める。
そこで長く使われた「ウマの被り物」が429円で商品が一つ売れた
売れた時の衝撃的な喜びと感動を受けひたすら転売ビジネスに没頭する。

その後、様々な転売を経験し当時はまだ無名のフリマアプリ「メルカリ」に目を付ける。メルカリの転売方法を開発する。その結果半年後には月商450万、月利益120万を叩き出す。その後、当時まだ存在しなかった日本初メルカリ転売ビジネス塾をスタートさせる。たくさんの実績者を輩出し今、現在もコンサルタントとして活躍する。

公式メールマガジン購読者10000人、LINE@登録数4000人とネットビジネス業界では異例な有数読者を確保している。自身のブログは月間平均45万PV、月間訪問ユーザーは15万人を超えるプロブロガーとしても活躍してる。2016年6月には本を出版「月に30万稼ぐメルカリ転売」Amazonベストセラー1位を達成。

阿部悠人の公式メールマガジンはこちらから