皆さん、こんにちは。

 

3月もそろそろ終わりに近づき

卒業や転勤などこれまでの生活とお別れする方も多いのではないでしょうか。

 

私自身もこれまで愛用していたクロネコメール便とお別れです泣

運送契約すると2cmまで82円で全国一律で発送できていたのですが、

3月でこのサービス終了ですね。

 

集荷も来てくれるしかなり重宝していたんだけどなあ。

 

メルカリ出品者の方々もセブンやファミリーマートなどの

コンビニで発送でき、通学、通勤の合間に発送でき

別れ惜しいサービスであったのはないでしょうか。

 

 

さて、今回はメール便に代わる発送方法である「ネコポス」についてご紹介します。

nekopos

 

「ネコポス」というのはA4サイズで2.5cmまでなら

全国一律195円で送ることができるサービスです。

 

 

本来であれば、個人事業主、法人で契約しないと使えないサービスなのですが、

メルカリで販売した方は、取引画面上でQRコードが発行でき、

それをヤマトの営業所でかざして住所等のデータを登録し発送できます。

 

ここで疑問が1つ。

そもそも、営業所に持って行かないといけないの?

私のイメージでは、営業所は離れな場所にしかない感じがします。

 

わざわざ行くのが大変そう。

 

これが、セブンやファミマでできたらかなりいいですね。

 

 

 

私的には、郵便局のクリックポストが厚さ3㎝までですし、

さらに料金が全国一律164円で発送できますので

メルカリなどのフリマアプリで稼ごうと考えている方は

クリックポストをお使いになったほうがお得です。

 

ポストの方が営業所よりも身近にありますしね。

 

また、自分の住所、名前を公開しなくても

商品を売買できるように匿名配送という機能も

今後取り入れていくみたいですね。

 

今まで、匿名で発送する方法はフリマアプリで

売買されている方はできませんでしたからね。

 

「メール便がなくなって困る」と思ってた方は、

4月に発表される「ネコポス」を使ってみてはいかがでしょうか。

私的には、クリックポストがお勧めです。

 

 

The following two tabs change content below.
阿部悠人(あべゆうと)

大学3年の就職活動真っ只中、経営者に影響を受け起業を決意。
当時面接まで進んでいた会社には断りの電話を入れ起業に集中する。本の影響からアフリカでの中古車輸出ビジネスを展開を考えたが資金力不足から断念。そこからヤフオクの不要品販売を始める。
そこで長く使われた「ウマの被り物」が429円で商品が一つ売れた
売れた時の衝撃的な喜びと感動を受けひたすら転売ビジネスに没頭する。

その後、様々な転売を経験し当時はまだ無名のフリマアプリ「メルカリ」に目を付ける。メルカリの転売方法を開発する。その結果半年後には月商450万、月利益120万を叩き出す。その後、当時まだ存在しなかった日本初メルカリ転売ビジネス塾をスタートさせる。たくさんの実績者を輩出し今、現在もコンサルタントとして活躍する。

公式メールマガジン購読者10000人、LINE@登録数4000人とネットビジネス業界では異例な有数読者を確保している。自身のブログは月間平均45万PV、月間訪問ユーザーは15万人を超えるプロブロガーとしても活躍してる。2016年6月には本を出版「月に30万稼ぐメルカリ転売」Amazonベストセラー1位を達成。

阿部悠人の公式メールマガジンはこちらから