kei-10

 

皆さん、こんにちは。

 

今日も朝6時に起き

渋谷から目黒にかけてランニングをしてきました。

最近、再びフルマラソンを目指そうかなと思い頑張ってます(笑)

 

2年前に湘南国際マラソンのフルマラソンを完走したのですが、

それからというものの全く運動していないので心配。

marathon01 そういえば、2年前に先輩の貿易会社で

湘南国際マラソンの出店を手伝っていたのですが、

その時、ミス東大の2014年の後藤さんもボランティアに来ていました。

 

久しぶりに会った友人に聞かされたのですが、

全く気が付かなかったなあ。。。

 

ミス~となると話題になりますが

そもそも出場しなければなれません。

 

皆に見られないとミス○○やミスター○○とならない訳ですね。

どんなに可愛い子でもどんなにカッコイイ人も同様です。

LOOK pad Woman01

そして

これを商品に例えると

どんなに良い商品であっても

認知されたり、世の中の誰かしらに見てもらわなければ

売れることはないんですね。

 

と、いうことで

・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。

今回は

メルカリの「再出品」

についてご紹介します。

・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。

メルカリの仕様では

新規に出品した商品は、各カテゴリの一番上に表示されますよね。

 

今現在1000万ダウンロードされているわけですが、

0.1%の方が自分の商品を見たとしても、1万人の人が見ているわけです。

 

自分が何かしら商品を出品したら1万人もの人が見る可能性があります。

すごくないですか?

 

当然ながら、 多く見られるほど商品の売れる確率が高くなります。

出品して、すぐ売れると良く言われているのはこのためなんですね。

 

しかし、商品を出品して5分くらいは見られますが

メルカリでは、新着の商品にどんどん埋もれていき

売れずらくなっていきます。

 

そもそも

メルカリで商品を探される方法には「方法は3つ」あります。

 

1.タイムラインでの表示

2.メルカリ内の検索

3.自分のショップ内から

 

1,2の方法では、

新着の商品は何もしなくても

皆に見られてバシバシ売れていきますが、

時間が経つと埋もれてしまうので日々売れづらくなってきます。

 

3の方法は

他の商品を出品して自分のショップに誘導する方法です。

こちらに関しては、難易度が高いため、

基本的に1,2の方法で商品を販売していきます。

 

と・・・なると、「再出品」がかなり重要!!

 

毎回、商品を消して出品するのは面倒ですので

目安としては、3日程度で再出品するのがベストではないかと思います。

 

是非、再出品をしてガンガン商品を販売してみてください。

 

kei-10

 

The following two tabs change content below.
阿部悠人(あべゆうと)

大学3年の就職活動真っ只中、経営者に影響を受け起業を決意。
当時面接まで進んでいた会社には断りの電話を入れ起業に集中する。本の影響からアフリカでの中古車輸出ビジネスを展開を考えたが資金力不足から断念。そこからヤフオクの不要品販売を始める。
そこで長く使われた「ウマの被り物」が429円で商品が一つ売れた
売れた時の衝撃的な喜びと感動を受けひたすら転売ビジネスに没頭する。

その後、様々な転売を経験し当時はまだ無名のフリマアプリ「メルカリ」に目を付ける。メルカリの転売方法を開発する。その結果半年後には月商450万、月利益120万を叩き出す。その後、当時まだ存在しなかった日本初メルカリ転売ビジネス塾をスタートさせる。たくさんの実績者を輩出し今、現在もコンサルタントとして活躍する。

公式メールマガジン購読者10000人、LINE@登録数4000人とネットビジネス業界では異例な有数読者を確保している。自身のブログは月間平均45万PV、月間訪問ユーザーは15万人を超えるプロブロガーとしても活躍してる。2016年6月には本を出版「月に30万稼ぐメルカリ転売」Amazonベストセラー1位を達成。

阿部悠人の公式メールマガジンはこちらから