みなさん、こんにちは。

 

 

4月になると色々なことが変わりますよね。

学校、職場、人間関係、モノの値段に税制など

 

思い切って活動場所を変えたなんて人もいるのではないでしょうか?

私も新しいビジネス分野を開拓中で毎日ヒイヒイ言ってます(笑)

 

さて、活動場所というとメルカリを新たな場所に選ぶ人も多いはずです。

1300万ダウンロードされ、チャンスがかなりあります。

今まで傍観していた方も参入せざるを得ないと考えているようです。

 

まさに「人が人を呼ぶ状態」ですね。

 

フリマアプリをメインにしている私としては

ユーザー数が増えるのは大歓迎なのですが、

それに比例して増えるのがトラブルです。

 

みなさんもメルカリでトラブルに遭遇したことはありませんか?

検索してみると結構出てきますよね。

 

今回は数多いトラブルの中でも頻繁に起こる

「商品説明と違うモノが届いた」

「想像していたモノと違う商品が届いた」

というケースとその対応法について紹介します。

 

 

ケース①

出品者「多少の傷はありますが動作に問題はありません」

⇒画面にヒビがあり。

返品したいけど「ちゃんと説明しました」と拒否されてしまうケース

 

どこまでを「多少」どこまでを「傷」というのか

個人差があると思いますので

事前にしっかり確認しておくと良いでしょう。

 

ただ、ヒビ割れは大きな欠損ですので記載する責任があると思います。

返品するときはその点に触れてみましょう。

 

ケース②

出品者「充電器をなくしてしまったので動作確認していませんが、

最後に使った時は大丈夫だったので充電すれば問題ないと思います。」

 

⇒充電しても使えず。

取引をキャンセルしようとすると

「動作確認してないと言ったじゃないですか」と拒否。

 

微妙なケースですね、

「問題ないと思います」という表現は断定ではないので

相手側の非を一方的につくことは出来ません。

このような時は粘り強く丁寧に説得するしかありませんね。

 

ただし、壊れているのを知っていながら

「動作確認できません」

という表現を盾にして出品する方もいるようです。

 

予防策としては相手に断定させることで言質を取るか、

このようなモノには手を出さないことですね。

 

 

ケース③

出品者「中古品だということを理解したうえで購入してください。」

 

⇒電源が付かず使えない。

返品しようとすると

「中古品だって言ったじゃないですか」と拒否

 

壊れて動かない、

製品として成り立っていないモノを

中古品とは呼びませんのでそのことを強調して返品に応じてもらいましょう。

 

どうでしたか、似たようなトラブルにあった方もいたのではないでしょうか?

 

いずれのケースでもこちらに非があるとは言いにくいと思いますが、

どのケースにおいても購入前に細かいところまでしっかりと確認していれば防げるものです。

しっかり予防して事後のトラブルはなるべく減らしましょう。

 

 

The following two tabs change content below.
阿部悠人(あべゆうと)

大学3年の就職活動真っ只中、経営者に影響を受け起業を決意。
当時面接まで進んでいた会社には断りの電話を入れ起業に集中する。本の影響からアフリカでの中古車輸出ビジネスを展開を考えたが資金力不足から断念。そこからヤフオクの不要品販売を始める。
そこで長く使われた「ウマの被り物」が429円で商品が一つ売れた
売れた時の衝撃的な喜びと感動を受けひたすら転売ビジネスに没頭する。

その後、様々な転売を経験し当時はまだ無名のフリマアプリ「メルカリ」に目を付ける。メルカリの転売方法を開発する。その結果半年後には月商450万、月利益120万を叩き出す。その後、当時まだ存在しなかった日本初メルカリ転売ビジネス塾をスタートさせる。たくさんの実績者を輩出し今、現在もコンサルタントとして活躍する。

公式メールマガジン購読者10000人、LINE@登録数4000人とネットビジネス業界では異例な有数読者を確保している。自身のブログは月間平均45万PV、月間訪問ユーザーは15万人を超えるプロブロガーとしても活躍してる。2016年6月には本を出版「月に30万稼ぐメルカリ転売」Amazonベストセラー1位を達成。

阿部悠人の公式メールマガジンはこちらから