kei-10

 

■メルカリでの出品

こんにちは、

阿部悠人です。

 

フリマアプリ「メルカリ」では

商品を新規で出品すると

「ライムライン」の上位に表示されます。shutterstock_227614849

 

そのため

評価がまだないど素人の初心者でも

出品すればすぐに売れる。

 

なぜなら

一番上に表示されている商品は

メルカリのユーザーの大半が目にするからですね。

 

つまり

ひたすら出品すればバシバシ売れる始めやすい

プラットフォームでした。

 

 

ただ2016年12月14日

メルカリのスーパーアップデートがあり大きく変化しました。

 

 

■アップデートの内容とは

一定の条件化で、商品を出品してもタイムラインに表示されない検索が下位に飛ばされる。というものです。イメージとしては半年前以上に出品された商品よりも後ろに飛んでしまいます(笑)11月から一部の商品が同じような現象になっておりましたが、このアップデートによりアカウント毎でやられてしまうようになりました。

 

機械的に処理されていると思われ、業者の方だけではなく一般人の方も相当巻き込まれているようです。そして、この処理がされたアカウントは「汚れたアカウント」と呼ばれ基本的には復活、上位表示されません。

 

 

ちなみに

メルカリ事務局に

この件について問合せを行うと以下の文言が返ってきました。

 

■メルカリ事務局からの回答

=======

お問い合わせありがとうございます。

メルカリ事務局です。

このたびはお客さまに混乱をお招きし申し訳ございません。
メルカリでは先日より、新着商品及び検索結果につきまして、一部表示条件を変更いたしました。
皆さまの商品をより平等に表示するため、一部条件に該当する商品の検索結果を下方に表示させていただいております。

 

※表示条件はお客さま方から頂戴したご意見を参考に、随時変更を行っております。

※表示条件は不正行為を防止する観点からご案内しておりません。

また、お客さまの希望により個別の商品に対し事務局より検索結果の上部に表示することはできません。予めご了承ください。

お手数をおかけいたしますが何とぞご確認くださいますようお願いいたします。

メルカリ事務局

=========

※中には数日、1週間、出品しないで放置しておくと

その制限が解除され復活するという例もあります。

 

 

この「汚れたアカウント」認定されますと

上位に表示されなくなることから、一切

「いいね」がつかない=「売れない」

状態となります。

 

 

つまり

メルカリ一本で稼がれていた方は

大ピンチになってしまったというのが今回の出来事です。

 

 

■対応策は?

僕自身が推奨していた1日75品の出品ですが、今回の仕様変更に伴い通用しなくなりました。僕自身、コミュニティを運営しておりそちらのメンバーの声や業界の有数の人から聞いた情報、そして、僕の検証の結果ですがだいたい24時間以内に20品の出品量がベストだとわかってきました。

 

 

ツール出品、画像、タイトル・・・がダメ%e5%87%ba%e5%93%81%e6%95%b0-01

などなど色んな意見がありますが

それらは、ほとんど関係なく

「”出品数 “が命」

なのだと思います。

 

 

今までは

短期間でたくさん出品しすぎるとアカウントが停止になり

「スパム」として無期限停止処理となってましたが

その原因もやはり出品量でした。

 

 

なので

「出品数」を抑えるのが今回の解決策となります。

 

 

ただ

出品数が以前の4分の1近くになっており

売れなくなるのでは?と懸念される方もいるかもしれませんが

実際あまり変わらないかと思います。

 

 

というのも

今回はかなり大きなアップデートにより脱落される方もかなり多いです

 

そして

それに従い出品量も大幅に減っておりますので

今しっかりとこの基準で取り組めば問題ないでしょう。

 

 

商品の値段は「需要」と「供給」の関係できまり

 

 

メルカリの巨大な購買力(需要)は

減るどころかCM等によりガンガン伸びてます。

一方で「供給」はかなり減りましたよね。

 

 

ということは

対策をしっかりと取れば稼げることに間違いありません。

 

 

 

■今後の展開

僕がメルカリをやり始めた2014年の4月頃は参入者もかなり少なく、そして規制もかなり緩い状態でした。それから、徐々に始められる方も増え、次第に規制が強くなっていきました。直近で言えば、大型BANとして5月、8月、11月と2016年はかなり苦しめられた方も多かったと思います。

そして、今回の「事件」によりメルカリ難民化現象が起きるのではないでしょうか。

年末にかけ、1番売れる大きなこの時期に、こうなってしまったのは残念ではありますが、プラットフォームで勝負する以上仕方がありません。

 

”稼げるうちに稼ぐ”

shutterstock_367336784-m

指をくわえてみていては乗り遅れてしまいます。

 

そして

いつまでも同じ手法が通用すると思って

ぐうたらしていたら今回のように痛い目をみてしまうでしょう。

 

なので

常に何が起きても良いように稼げる用になったら

「リスク分散」

 

 

例えば・・・

業界2,3位の「フリル」「ラクマ」に取り組む。

 

 

もしくは

Amazonなどの販路に展開するなど他(多)販路展開。

 

 

ビジネスモデルを変えて

アフィリエイトやコンテンツ販売なども付帯事業として取り入れていく必要があります。

 

 

【メルカリが終わった】と嘆くのではなく

起きてしまったことはしょうがない。

 

 

なので

それに対応するにはどうしたらいいか?

そして、こうなってしまっても大丈夫なように

「常にリスク分散」として自分に力を付け

 

収入の柱

 

を増やしておくことが重要です。

 

kei-10

The following two tabs change content below.
阿部悠人(あべゆうと)

大学3年の就職活動真っ只中、経営者に影響を受け起業を決意。
当時面接まで進んでいた会社には断りの電話を入れ起業に集中する。本の影響からアフリカでの中古車輸出ビジネスを展開を考えたが資金力不足から断念。そこからヤフオクの不要品販売を始める。
そこで長く使われた「ウマの被り物」が429円で商品が一つ売れた
売れた時の衝撃的な喜びと感動を受けひたすら転売ビジネスに没頭する。

その後、様々な転売を経験し当時はまだ無名のフリマアプリ「メルカリ」に目を付ける。メルカリの転売方法を開発する。その結果半年後には月商450万、月利益120万を叩き出す。その後、当時まだ存在しなかった日本初メルカリ転売ビジネス塾をスタートさせる。たくさんの実績者を輩出し今、現在もコンサルタントとして活躍する。

公式メールマガジン購読者10000人、LINE@登録数4000人とネットビジネス業界では異例な有数読者を確保している。自身のブログは月間平均45万PV、月間訪問ユーザーは15万人を超えるプロブロガーとしても活躍してる。2016年6月には本を出版「月に30万稼ぐメルカリ転売」Amazonベストセラー1位を達成。

阿部悠人の公式メールマガジンはこちらから