こんにちは。

阿部悠人です。

 

最近、僕が意識して行動していることは

「人から学ぶ」ということです。

2014年からビジネスを始め

ずっと”自己流”を貫き通し

正直あんまり人から学んできませんでした。

 

それでも

普通に時間を使って調べながら自分で検証してとやっていき

徐々に収入を伸ばしていくことができたのですが

そこまで爆発して伸びないわけですね・・・

というのも

一定の基準までいったらその事業を伸ばすためには

違う分野のことを新しく覚える必要がでてくるからです。

 

 

例えば、物販で言えば

「メルカリ」「amazon」を使ったプラットフォームの転売である程度うまく行き

次は「自分で商品」を作って「マーケティング」をして

そして、「ネットショップ」をつくって・・・と

やりこめばやりこむほど、次々と覚えなければならないことがでてきます。

 

 

その際に

その分野をまた0から開拓するとなると

時間・・・、労力・・・、お金・・・と

結構シンドイですね。

 

 

そこで【いかに効率よく伸ばすには?】と考えれば

その分野の先生から直接学ぶのが早いなということに結論にいたりますよね。

 

もちろん、自分で書籍やネット等調べつつそれを基に実践するのも良いのですが

所詮、自分の価値観で行動するため、殻から抜け出すのが難しいです。

 

自分のことを客観視してくれる人

つまり、行動の「ズレ」を正しい方向に修正してくれる先生が必要となります。

 

 

僕も、人に教える仕事をしているので、その辺はよく理解しているのですが

「稼げない人」に共通するのは

『コンサルタント(先生)』を付けない事なのです。

その理由を聞くと「お金がないから」というのが大半なわけですね。

 

ただ・・・

お金がないからビジネスをやるわけで・・・

 

生まれながらにお金持ちの人なんていません。

(セレブの子供ならありますが・・・)

お金って自分で作る、用意するものですからね。

 

その用意の仕方は家族、身内、知り合いに頼みこんで借りたり

一時的にアルバイトをして貯めるのもありです。

他にも、方法は考えればあると思います。

 

学ぶお金がない場合は

まずは、それを用意することから始めるのが良いです。

コンサルタントをつけると

時間、労力、お金を節約することができます。

そして

自分よりも先に行っている先輩から学べば

ビジネスで失敗するリスクも低くなりますよね。

 

 

でも「コンサルタントを付けても、これまで結果がでないから意味ないよ。」的な

感じで言われる人もおりますが・・・

そのような人は実際に「行動」している人が少ないからです。

というよりも、完全に丸投げできると思って、受講されている人が多いですね。

それでは当然、結果はでません。

 

 

先生を付けるのは

「出来ないことを教えてもらう為」です。

 

 

その実行することまで先生にやってもらうわけではないです。

 

しっかりと「自分」でやるという意識を持つ。

その上で教わったことを1つ1つこなしていくと

しっかりと収益を出すことができます。

 

 

今年は

プラットフォームに依存しないビジネスの構築をするために「集客」の勉強

ある資金をしっかりと増やすために「投資」の勉強のために

先生を付けて学んでいこうと思ってます。

 

The following two tabs change content below.
阿部悠人(あべゆうと)

大学3年の就職活動真っ只中、経営者に影響を受け起業を決意。
当時面接まで進んでいた会社には断りの電話を入れ起業に集中する。本の影響からアフリカでの中古車輸出ビジネスを展開を考えたが資金力不足から断念。そこからヤフオクの不要品販売を始める。
そこで長く使われた「ウマの被り物」が429円で商品が一つ売れた
売れた時の衝撃的な喜びと感動を受けひたすら転売ビジネスに没頭する。

その後、様々な転売を経験し当時はまだ無名のフリマアプリ「メルカリ」に目を付ける。メルカリの転売方法を開発する。その結果半年後には月商450万、月利益120万を叩き出す。その後、当時まだ存在しなかった日本初メルカリ転売ビジネス塾をスタートさせる。たくさんの実績者を輩出し今、現在もコンサルタントとして活躍する。

公式メールマガジン購読者10000人、LINE@登録数4000人とネットビジネス業界では異例な有数読者を確保している。自身のブログは月間平均45万PV、月間訪問ユーザーは15万人を超えるプロブロガーとしても活躍してる。2016年6月には本を出版「月に30万稼ぐメルカリ転売」Amazonベストセラー1位を達成。

阿部悠人の公式メールマガジンはこちらから