kei-10

 

■税金って・・・

こんにちは。阿部悠人です。

 

会社を経営していると

消費税
・社員も含めた年金
・保険料といった社会保険料

・法人税などなど

多数納める税金やかかる経費があります。

 

いくら税金を納めたとしても

それがその分返ってくるわけではないですし・・・

なるべく節税したりしますが

なんなら納める代わりに見返り欲しいですよね(笑)

 

 

そんな風に思っている方に

お勧めの方法がありまして

それは「ふるさと納税」というものです。

%e3%81%b5%e3%82%8b%e3%81%95%e3%81%a8%e7%b4%8d%e7%a8%8e-01

ただ、よく聞いたことがある一方で

「実際なんなの?本当にお得意なの?」

「これ以上税金納めたくないけど・・・」

なんて思っているかと思います。

 

安心してください。

 

この「ふるさと納税」というものは

メリットしかありません。

こちらの記事を読みましたらすぐにでもやりましょう。

 

■「ふるさと納税」とは?

ふるさと納税とは、好きな地域(都道府県・市町村)へ寄付することで、その寄付金に応じて税金の控除やお土産をもらえる制度のことです。納税となっておりますが、追加で税金を納めるのではなく、支払いが決まっている税額を寄付することで納めるべき税金が、物として返ってくることです。なので、やらないと「損」でしかありません。

 

この制度は、地域を応援するためにできたものです。

普通は「今、住んでいる地域に納税」となりますが

それだと東京都や大都市圏に集中してしまいます。

 

別にいいじゃないか!

と思われるかもしれませんが・・・

%e3%81%a8%e3%82%99%e3%81%93%e3%81%ab%e7%b4%8d%e3%82%81%e3%82%8b%ef%bc%9f-01

 

地方から大都市圏に引っ越しをしてしまって

税金を納めるころには地方におらず

育った地方が潤わないという事から

 ” バックグラウンド ” の意味もあります。

 

そのため、一部の税金をどこに収めてもOK!!

ということから「ふるさと納税」が存在し、活用することができるのです。

 

■ふるさと納税の「可能な金額」は?

ふるさと納税はいくらでも寄付しても良いかと思いますが、寄付できる金額は決まっております。正確にはいくらでも寄付は可能ですが、控除される税金も制限があるのです。本来お支払いする「所得税」「住民税」の金額に応じて控除される税金が決まります。

 

その金額をどのように出すか?と言いますと

各種ふるさと納税サイトに

「計算シュミレーション」ありますので

活用すると簡単に出すことができます。

※正確な金額は、管轄の税務署にお問合せください。

 

あくまで目安の金額を出すものなのですが

「源泉徴収票」または「確定申告書」をお持ちであれば

そちらの該当の数字を入力すると上限をすぐに出すことができます。

 

■寄付の仕方とは?

寄付でき控除できる税金の上限金額がわかりましたら、あとは「ふるさと納税のサイト」で寄付する地域を探すだけです。

 

1)有名なサイトはいくつかありますが

「さとふる」というサイトを使ってみてください。

こちらのサイトで

2)それぞれの商品ごとに寄付金が明記されておりますので上限で収まる範囲で選んでください。

3)お支払い方法はクレジットカード決済、Pay-easy決済、コンビニ決済、キャリア決済等ありますが、おすすめは「クレジットカード決済」です。

※クレジットカードのポイントも溜まってお得です。

 

また、その年の控除できる分はその年の12月31日までなので早めに行動しましょう。

クレジットカード決済であれば、即時に決済できるのでギリギリだったとしても間に合います。

 

■寄付した後は?

あとは、寄付した地域から「寄付金証明書」というのが送られてくるのですが、そちらをもって税務署にて確定申告をします。そうすると数か月後に指定した銀行口座に控除・還付金額が振り込まれるという流れとなります。

 

知ってるけどやったことがない。

 

という方が多いと思いますが

ぜひこの機会に覚え寄付して頂ければと思います。

 

初めは覚えるのが大変で面倒かもしれませんが

一度やってしまえば来年からは繰り返すだけで簡単にできてしまいます。

 

せっかく納める税金の使い道を選択できる良い機会なので

これを機に「ふるさと納税」を活用していきましょう!!

 

 

kei-10

The following two tabs change content below.
阿部悠人(あべゆうと)

大学3年の就職活動真っ只中、経営者に影響を受け起業を決意。
当時面接まで進んでいた会社には断りの電話を入れ起業に集中する。本の影響からアフリカでの中古車輸出ビジネスを展開を考えたが資金力不足から断念。そこからヤフオクの不要品販売を始める。
そこで長く使われた「ウマの被り物」が429円で商品が一つ売れた
売れた時の衝撃的な喜びと感動を受けひたすら転売ビジネスに没頭する。

その後、様々な転売を経験し当時はまだ無名のフリマアプリ「メルカリ」に目を付ける。メルカリの転売方法を開発する。その結果半年後には月商450万、月利益120万を叩き出す。その後、当時まだ存在しなかった日本初メルカリ転売ビジネス塾をスタートさせる。たくさんの実績者を輩出し今、現在もコンサルタントとして活躍する。

公式メールマガジン購読者10000人、LINE@登録数4000人とネットビジネス業界では異例な有数読者を確保している。自身のブログは月間平均45万PV、月間訪問ユーザーは15万人を超えるプロブロガーとしても活躍してる。2016年6月には本を出版「月に30万稼ぐメルカリ転売」Amazonベストセラー1位を達成。

阿部悠人の公式メールマガジンはこちらから